Page Top

海洋辞典
[ABC順]

英和和英

西和和西

仏和和仏

葡和和葡

海洋辞典
[分野別]



    sobokomufuro-toソボコムフロート: [参考]ソ連の最大の民間海運公社[ソ連海運省の傘下にあったが、1988年7月 民営化された].

    soda粗朶(そだ): → 「朶」の読み方: た、だ、えだ.
    /海苔(のり)粗朶: アマノリなどを付着させるための切り取った木の枝のこと、[参考]そだ: 切り取った木の枝のこと.

    sodeami[曳網の]袖網(そであみ): wing net.

      /guide net: n.袖網(そであみ).
      /lower wing: n.[引き網(曳き網)類などの]下袖網(したそであみ).
      /top wing: n.上袖網(→ upper wing).
      /upper wing [net]: n.[曳き網類の]上袖網.
      /wing, wing net: n.[トロール網などの曳網類の]袖網(そであみ)(→ arm).

    sode-anago[魚]ソデアナゴ:
    /cutthroat eel: n.[魚]ホラアナゴ.
    /cut-throat eel: n.[魚]ソデアナゴ.
    /long nosed eel: n.[魚]ソデアナゴ.

    sodebora[貝]ソデボラ: stromb [殻はボタン、カメオの材料となる].

    sodefudegai[貝]ソデフデガイ: broad yoldia.

    sodegai[貝]ソデ貝: wing shell.
    /conch shell: n.[貝]ソデガイ、シドロ.

    sodeika[動]ソデイカ: diamondback squid.

    sodeshou袖章(そでしょう):

      /chevron: n.[勤続年数・階級・所属などを示し、下士官・巡査などがつける、V字形縞模様の] 山形袖章(やまがたそでしょう); [紋章]山形、 逆V字形.
      /stripe: n.縞(しま)、筋、線条、ストライプ; (~s)[軍人の]袖(そで)章、山形記章 [参考]例えば、モーターボートなどの 小型船では一般に船体下部に縦方向の筋(これをストライプと称される)が付けられている; 滑走面を規制し、波さばきを良くし、 スプレー(spray: しぶき、水煙、飛沫(ひまつ))を防止し、方向安定性を良くする機能をもつ.
      /striper: n.[米国軍隊俗語][階級を示す]袖章(そでしょう)をつけた海軍士官; [勤続年数を示す]袖章をつけた軍人.
      ・ a four-striper: 海軍大佐.

    so-dote-ru[魚]ソードテール: swordfish, helleri.

    soeduna添え綱(そえづな): [参照]添え索(そえさく)

      /balch, balch line: n.添え綱(bolsh line)、へこ、かご、かごなわ、またぎ(→ balsh) [オッター・トロール網 の沈子綱・グランドロープに取り付けた綱].
      /big poach line: n.大添え綱 [同義] big bolsh line.
      /bolch line: n.籠縄(かごなわ)、添え綱(そえづな)、沈子(浮子)綱の添え綱(→ balch line).
      /bridle: n.[海]係留索(けいりゅうさく)、係船索、ブライドル; 添えロープ、添え索(そえづな)、添え綱(そえづな) [例えば、 トロール網を引く1本のワープから二股に分れ出た索。その策の各々にオッターボードが取り付けられる]、又綱、叉綱; 環吊り綱; 大索綱に付けた小索、短索; [手用測程器の]脚線; 馬勒(ばろく).
      /hanging line: n.添え綱(そえづな).
      /preventer: n.[海][破損などに備えて付加された]添え綱(そえづな)、副索、補助索具、プリベンター.
      ・ preventer hawser: n.増し掛け索(ましかけさく).

    soegi[海]添え木:
    /fish: n.(pl. fishes)[海][帆柱(マスト)・帆桁などの傷ついた部分に被せて補強するための]添え板、添え木; [建・土木]継ぎ目板(fishplate)、vt.[海][マスト(帆柱)・帆桁などを]添え板(添え木)で補強する、 に添え板(添え木)を被せて補強する; [レールなどを]継ぎ目板で補強する.
    /rider: n.[pl.][海・造船][木造船の骨材での]補強材、連結材、添え木; 乗り手.

    soeita添え板: [参照]添え木.

    soesaku添え索(そえさく):
    /bridle: 添え索、添えロープ、又綱; 係留索; 大索綱に付けた小索; [手用測程器の]脚線.
    /bolch line, bridle: 添え綱.

    soetsugi添え継ぎ: [参照]そぎ継ぎ.

      /splice: vt.(spliced, splicing)[2本のロープの端を解いて; ロープの端と端とを解いて][ロープなど]を組み継ぎする、 ない継ぎ(添え継ぎ)する; [材木など]を継ぐ、重ね継ぐ; [遺伝子やDNAの切片(せっぺん)・染色分体などを]接合(再接合)する.
      n.[ロープなどの]組み接ぎ、組み継ぎ、より接ぎ、ない継ぎ、本継ぎ、スプライス; [材木などの]添え継ぎ、添え板継ぎ、重ね継ぎ.
      [参考] fid: a tapered tool used for splicing heavy rope and for sail-making, often hollow.
      /splicing: n.綱繋(つな)ぎ; [ロープの]接着法.

    sofa-[海]ソファー、ソーファー:
    /sofar, SOFAR: n.[海]ソファー、水中測音装置(→ sonar) [参考]海難者が救命ボートから爆薬を海中に爆発させ、海岸の3受信局が 位置を確認する装置、[so]und+[f]ixing+[a]nd+[r]angingの略.

    sofuto-ko-raruソフトコーラル: soft coral [対語] hard coral: n.ハードコーラル.

    sofuto-sangoソフトサンゴ: sea fans.

    sogitsugiそぎ継ぎ: [参照]添え継ぎ.
    /scarf: n.(pl. scarfs)[木材などの]そぎ継ぎ; [捕鯨][鯨の皮を剥(は)ぐための]切り込み、切り溝; 剥いだ鯨の皮、 vt.[木材などを]接合する、そぎ継ぎにする、[木材に][そぎ継ぎの]刻みをつける; [鯨]に切り込みを入れ、皮と脂肪を剥ぐ、 [鯨の]皮を剥ぐ、[鯨を]切り裂く; [鯨]を切り裂く.

    soha-ru[魚]ソハール: [参考]紅海のみに生息する海水魚.

    sohuteki-na粗放的な: extensive.
    /extensive culture: n.粗放的養殖.
    /extensive fish-farming: n.粗放的な養魚(栽培漁業・魚類の増養殖).
    /extensive propagation: n.粗放的養殖.

    soini沿いに:
    /alongshore: adv.,adj.岸(海岸)に沿って(沿った)、海岸伝いに(の)、磯伝いに(の).

    sojou[特に産卵期の魚の]遡上(そじょう):

      /anadromous: adj.遡河性の [参照]遡河性(さっかせい).
      /eelfare: ウナギの稚魚の遡河(そか).
      /run: n.走ること; 運行; 路線; 操業; 一定時間の航路; [船の]航程(run of a ship)、走程、行程; [ある期間の]航走[距離]; 航行、帆走; [2観測点間の]行程、方向; [海]船尾尖端部、船尾端部; [特に、産卵期の魚の][サケなどの]川での遡上(そじょう)[川を 遡ること]、遡河(そか)、遡上、移動; 移動中の魚(動物・獣)の群れ、移動魚群.
      adj.(runのp.p.)[魚が]川に上った(遡上した)ばかりの、[魚が]海から遡(さかのぼ)ったばかりの.
      v.(ran, run, running)vi.[魚が]移動する(migrate)、群れをなして移動する、[産卵のため][例えば、サケなどが]川を遡(さかのぼ)る (遡上する); 流れる; 走る; [海][順風で]帆走する(run: to sail with the wind aft, or very nearly so)、航走する、船尾からの 風を受けて帆走する; 運転する; [船・バスなどの乗り物が]通う; [船などの]便がある.
      vt.[船など]を通わせる; …を通す[…into, through].
      ・ big run: [サケの]大遡上、遡上の<サケの>大群.
      /sea-run: adj.[魚]遡河(そか)性の(anadromous)<サケ>.

    soka遡河(そか): [参照]遡河性(そかせい)、遡上(そじょう).

    soka-kaiyuu遡河回遊(そかかいゆう):
    /diadromous amphidromous migration: 両側非生殖回遊、両側回遊.
    /diadromous anadromous migration: 両側海洋生殖回遊.
    /diadromous catadromous migration: 遡河回遊、両側(りょうそく)河川生殖回遊.

    sokasei遡河性(そかせい):
    /anadromous: adj.遡河性の [参照]遡河性(さっかせい).
    /sea-run: adj.[魚]遡河(そか)性の(anadromous)<サケ>.

    sokkin側筋: lateral muscle.

    sokkou-ban側口板(そっこうばん): adoral plate.

    sokkyogi測距儀(そっきょぎ): range finder [距離測定に用いられる機器].

    soko(そこ):

      /bed: n.ベッド、寝床、寝台; 海底、河床(かしょう)、河底(river bed)、湖底、水底; [牡蠣(カキ)などの]養殖場 (所); [地]地層(stratum)、層、岩床、鉱床; a coal bed, a bed of coal(炭層); [造船]造船台; [動]爪床(つめどこ)の肉 /seagrass beds/algal beds.
      /bottom: n.(1)底、下部; [海・川などの]底、水底、海底、湖底; (2)船底、[船の]喫水線(吃水線)下の部分、船殻(せんかく) (hull)、[特に水線下の]船腹; [文語]船舶、[特に]貨物船; (3)[主に英国][入り江・湾などの]奥.
      /bottom: adj.底の、海底の、水底の; 下部の.
      /"no bottom": [測錘などの]不達.
      /to bottom: vt.[海など]の底に達する; [潜水艦]を海底に着ける、vi.[船などが海などの]底に触れる(達する).
      /[釣]底を切る: [参考]針・錘などが底に着かないように少し上げること.
      /[釣]底をとる: 釣りの仕掛けが、海底や川底などに達したこと(着地したこと)を確認すること。「底どり」ともいう.

    sokoamadai-modoki[魚]ソコアマダイモドキ: white-edged jawfish.

    sokoanago[魚]ソコアナゴ: Histiobranchus bathybius.

    sokobiki[波の]底引き: undertow.

    sokobiki-ami底引き網、底曳き網:

      /bottom trawling: n.底曳トロール、底引き網漁/[bottom] trawl net: 底曳網.
      /bottom trawl net: 底曳き網.
      /Danish seine: n.デイニッシュ・セイン、デーニッシュ・セーン、[ヨーロッパ・北海方面で使用する]手繰網(てぐりあみ)の一種.
      /Danish trawl: n.2艘曳(にそうび)きトロール
      /Danish trawler: n.底引き網漁船.
      /drag: n.[海]引き網、地引網(drag net, dragnet)、底引網; [水中の捜索などに用いる] 網、引き網、四爪(よつめ)いかり、 さぐり錨、引っ掛け錨、掃海具; [釣]リールのブレーキ、ドラッグ; 釣り糸が横に引かれること; 牽引(けんいん); [船の前後の]吃水差.
      /dragnet: 底曳(底引)き網、地引き網.
      /ground fishing: 底引き漁業.
      /Japanese Danish seine: n.駆け回し式底曳き.
      /medium-type Danish seine fishery: 中型機船底曳網漁業.
      /offshore trawl fishery: n.沖合底曳き網漁業.
      /pair trawler, pair-trawler: 2隻(2艘・にそう)引き機船底引き(底曳き)網漁船、2艘引きトロール船 (→ two boat trawler, bull trawler).
      /small-scale Danish seine fishery: n.小型機船底曳き網漁業.
      /snurrevaad: 機船底引き網、手繰網の一種.

      trawl, trawl net: n.トロール網(trawl net)、底引き網、底曳き網(そこびきあみ)、底曳網、打瀬網(うたせあみ); [米国]延縄、はえなわ(setline)(=trawl line)[長い縄・ロープに釣り針を付けた短い釣り糸を多数取り付けた延縄状の漁具]; 底曳網漁業、トロール網漁業; 打瀬漁業.
      [参考] trawl [net]: トロール網、打瀬網のような底引き網の総称で、多くはnetを省略する.
      vi.トロール網を引く、トロール漁業をする、トロール網で魚を捕る、トロール網(打瀬網、延縄)漁[業]をする; [米国]はえなわで魚を捕る; 引網(seine)で魚を捕る; 流し釣りをする(troll); 底曳網漁業を行なう、打せ瀬網漁業を行なう.
      vt.[魚]をトロール網(延縄)で捕る(集める); [水面、場所]を流し釣りする、流し釣りで釣る(troll).
      [参考]底引(底曳)き網: 水底の魚をとるために用いる網。手繰 (てぐり)網。打瀬(うたせ)網。地引き網。トロール網。 機船底引き網。主要漁具構成: 沈子綱(ちんしづな)(ground rope)、浮子(あば)(float)、手木(てぎ)(wooden bar)、 引き綱(towing rope)など。袋状の網(袋網)、及びその左右から伸ばすように取り付けられた、魚類を蝟集するための網(袖網)を、 漁船などから引き綱で水底にさらうように引いて魚類を獲るための漁具の一つ.
      /trawl beam: n.[トロールの]桁(けた) [ビームトロールの網口を広げるための木製または鉄製の突張り棒・梁桁].
      /trawl-beam head: n.桁端受具(けたはしうけぐ).
      /trawl-boat: n.引き網船、トロール船(=trawler).
      /trawl door: n.開口板(かいこうばん)、拡網板(かくもうばん)(→ otter board).

       Dutch North Sea trawler(z135.gif)
      /trawler: n.トロール漁船、トロール漁業者(漁夫)、トロール船 [オッタートロール網またはビームトロール網を使用する動力漁船; 日本では 漁業取締規則でトロール船の定義がなされている]、底曳き(引き)網漁船[底曳網を用いた漁業に従事する漁船] [画像参照: Dutch North Sea trawler].
      /trawlerman: n.トロール漁をする人、トロール漁船に人を乗り込ませる人.
      /trawl fishery: n.[漁]底曳網漁業(→ trawling).
      /trawling: トロール[網]漁業、トロール網での操業、底引[き]網漁業、底曳網漁業(trawl fishing)(→ dragging, tracking, trailing) [参考] 1、2隻の船で袋状の網を 底につけて引いて漁獲する漁業。トロール漁業が代表的.
      /trawl line: n.[米国]延縄(はえなわ)(setline).
      /trawlnet: n.トロール網(trawl).
      /trawl net: n.トロール網 [trawlとだけ記し、netを省略する場合が多い].
      /trawl ramp: [船尾指揮トロール船の]トロール網の引き込み用斜溝(こう)甲板.
      /[底曳トロール網などの]掃過面積: ?
      /trawl warp: n.トロール引き綱.

    sokobiraki底開き:
    /hopper: n.[船]底開き運搬船; ホッパー、漏斗 [参考]船倉の両舷底部に造作された傾斜構造; 荷揚げの最終段階で石炭、小麦 などのばら積み貨物がその構造によって船倉中央部に集まるため荷役効率が向上する.
    /hopper barge: n.[船]ホッパー船; [底開きの]泥砂運搬船[泥・土を運搬し、その船底を開いて捨てる船]; 開底船.

    sokodara[魚]ソコダラ:
    /grenadier: n.[魚]ソコダラ(=rattail)[タラ類の深海魚].
    /rattail: n.[魚]ソコダラ(grenadier); ネズミの尾に似たもの.
    /whiptails: n.pl.[魚]ソコダラ科.

    sokodate-ami[漁]底建網:
    /bottom set net: n.底建網(そこだてあみ)、底建て網(→ bottom trap net) [例えば、北海道・東北地方で、主に タラ・ホッケ・カレイなどを獲る張り網(張網)の一種]; 底定置網.
    /bottom trap net: n.底建網.

    sokodumi-kamotsu底積み貨物: bottom cargo [下倉の倉底に積載する貨物].

    sokoduri底釣り:
    /ground angling: n.底釣り、沈め釣り.
    /ground fishing, bottom fishing: 底釣り、底引き漁業.
    /bottom line: n.[総称]底釣り漁具 [底魚を釣獲する一本釣り、底延縄などの漁具](→ set-line, setline): [海底に]固定した延縄.

    sokoesa[釣]底餌(そこえさ):
    /ledger: vi.[釣]ぶっ込み[仕掛け]で釣る、n.[足場の]横木; [会計]原簿、元帳、台帳.
    /ledger bait: [釣][ぶっ込み釣りの]底餌、固定餌(こていえさ)(→ ground bait) /ledger line: n.底餌を付けた釣り糸、ぶっ込み釣りの釣り糸.
    /ledger tackle: [釣]ぶっ込み[釣り]仕掛け.

    sokogangiei-zoku[魚]ソコガンギエイ属: Bathyraja sp.

    sokogeta底桁: → bottom girder: n.底桁 [参考] girder: n.桁(けた)、大梁(おおばり).

    sokogisu[魚]ソコギス: longnose tapirfish, [学名]Polyacanthonotus challengeri (Vaillant)[ソコギス科].
    /spiny eel: n.[魚]ソコギス.

    sokogisu-ka[魚]ソコギス科: spiny eels, [学名]Notacanthidae [硬骨魚綱・ソコギス目の1科].

    sokohaenawa[漁]底延縄(そこはえなわ):
    /bottom long line: n.底延縄(そこはえなわ)/bottom long-line fishing: 底延縄漁業.

    sokohari[魚]ソコハリゴチ: spiny flathead.

    soko-houbou[魚]ソコホウボウ: spottyback searobin.

    sokoita底板(そこいた): → bottom boards: n.pl.[ボートの]底板、敷板(しきいた).

    soko-itoyori[魚]ソコイトヨリ: → yellow-belly threadfish-bream: n.[魚]ソコイトヨリ(キイトヨリ).

    soko-iwashi-ka[魚]ソコイワシ科: [注釈: 学名など調査中です].

    sokojikiami底敷網:
    /diver net: n.[四ツ手網に似た]底敷網の一種 [北米の河川でサケを捕るために用いられる]; 底刺網の一種.
    /diver-scarf net, diver-scarf square net: n.底敷網.

    soko-kajika[魚]ソコカジカ: blackbreast sculpin.

    soko-kakureuo[魚]ソコカクレウオ: toothed pearlfish.

    sokokanagashira[魚]ソコカナガシラ: abyssal searobin.

    sokokawamuki[魚]ソコカワムキ: lined spikefish.

    soko-kihoubou[魚]ソコキホウボウ: narrow crocodilefish.

    sokokujirauo-ka[魚]ソコクジラウオ科: [注釈: 学名など調査中です].

    soko-kuro[魚]ソコクロダラ: → squirrel-hakeling: n.[魚]ソコクロダラ、ヒゲダラ.

    soko-matoudai[魚]ソコマトウダイ: bigeye dory.

    soko-matoudai-ka[魚]ソコマトウダイ科: [注釈: 学名など調査中です].

    soko-medamauo[魚]ソコメダマウオ: searcher[メダマウオ科].

    sokoni底荷(そこに):

      ballast: n.[海]バラスト、バラス、底荷(そこに)、脚荷(あしに)、足荷 [船が空荷の時あるいは積み荷が少ない時に、 船脚・推進効率を増すために、あるいは復原性(stability)・船の喫水を増すために(船の安定のために)、船底に積む(取りおく) 重量物、重りまたはこれに代わるもの; 通常では水・砂利・屑金などが使用される]; [例えば、ヨットのキールに取り付けられた転覆防止用の]バラスト(重り) [復原力を大きくするために船・ヨットのキール下部や船底に取り付けられる重量物]; [軽気球などの浮力調整用]砂袋;  [鉄道・道路などの]敷き砂利、バラス [西語](s.) lastre.
      vt.[船・気球など]にバラストを積む(入れる)、…に底荷を積む、安定させる [西語] hacer lastre, lastrar.
      [参考]バラスト、底荷: 積荷の少ない時、あるいは空荷の時、船を安定させるために船底に積む砂利・水など.
      /ballast cargo: バラスト用貨物、脚荷、底荷用の貨物 [底荷として積み込まれ、運賃も安くなる].
      /ballast condition: バラスト状態 [軽荷時にバラストを積み、航海を容易にした状態].
      /ballasting: n.[集合的]底荷(そこに)材料、バラスティング; 敷き砂利、バラスト; バラストを積み入れて船の喫水を 調整すること.
      /ballast line: バラスト・ライン [バラスト・脚荷を積んだ時の喫水線].
      /ballast pump: 脚荷ポンプ、バラスト・ポンプ [バラスト用の海水をバラスト・タンクへ送り込んだり、逆に排出するための ポンプ].
      /ballast ratio: バラスト比、バラスト・レシオ [船体重量とバラスト重量の比率].
      /ballast suction pipe: バラスト吸い込み管.
      /ballast tank: バラスト・タンク、船脚水槽[底荷用の二重船底槽] [西語] tanque de agua de lastre.
      /ballast water: 水バラスト(water ballast) [西語] agua de lastre.
      /ballast [water] tank: [海]バラスト・タンク [潜水艦などの水バラスト専用タンク]、足荷(脚荷)水槽.
      /base cargo: 底荷 [船の喫水確保と重心を下げるために船倉底部に積むばら積み貨物](→ バラスト).
      /in ballast: [船が]底荷だけで、底荷だけ積んで、脚荷[状態]で、空荷(からに)で、空船で、荷を積まずに [西語] en lastre.
      /kentledge: [海]バラスト用の銑鉄.
      /segregated ballast tank.
      /solid ballast: n.固定バラスト.
      /water ballast: [西語] lastre de agua; lastre de líquido.
      /to ballast a ship; to take on ballast: 船に底荷を積む.
      /to take in ballast: [西語] lastrar.



    A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | U | V | W | X | Y | Z
    このページのトップに戻る/Back to the top of this page



    soko-nishin-ka[魚]ソコニシン科: [注釈: 学名など調査中です].

    sokonumeri[魚]ソコヌメリ: sailfin dragonet.

    sokookumeuo-ka[魚]ソコオクメウオ科: [注釈: 学名など調査中です].

    Soko-ro-touソコーロ島: Socorro [北米カリフォルニア半島南端から南方数100kmの海上にあり、「北半球のガラパゴス」 として知られ、またザトウクジラの繁殖地でもある].

    soko-sashiami底刺網(そこさしあみ): → bottom gill net, bottom gillnet: n.底刺網(そこさしあみ)、底建て網.

    soko-shikiami底敷網: bottom lift net.

    soko-tateami[漁]底建網: bottom set-net, submarine trap.

    sokotora-gisu[魚]ソコトラギス: cross-stitch weever.

    sokou遡行(そこう)、溯行(そこう): [参考]遡(さかのぼ)って行くこと.
    /upstream: adj.,adv.上流の(で); 流れを遡る(遡って); 石油の探査・試掘・生産段階の(で)、産油段階の(で).

    sokou遡航(そこう)、溯航(そこう): [参考]船が川を遡(さかのぼ)っていくこと.

    sokouo底魚(そこうお):

      /a bottom-dwelling fish, bottom fish底棲魚(ていせいぎょ): .
      /a bottom fish: (そこうお)、底生魚 [海底付近、または海底の砂泥(さでい)中に棲(す)む魚類。カレイ・ヒラメ・アンコウ・ タラなど [対語]浮(き)魚.
      /bottom fishery; demersal fishery: 底魚漁業.
      /bottom fishing: n.底釣り(そこづり)、底魚漁.
      /demersal: adj.[動]海底(湖底)[近く]の(に棲む).
      /demersal fish: 底魚(そこうお)、底生魚(ていせいぎょ)、遠海魚.
      [英語] demersal fishes: Fishes living on or near the bottom.
      /demersal fishery: 底魚漁、底魚漁業、bottom fishing, demersal fishing.
      /demersal fishing: 底魚漁、底魚漁業、bottom fishing, demersal fishery.
      /demersal fishing ground: 深海漁場.
      /groundfish, ground fish: n.(pl. -fish or -fishes)水底に棲(す)む魚、底生魚(ていせいぎょ)、底棲魚、底魚(そこうお) (→ groundling).
      /groundling: n.底生魚、底魚(そこうお)、水底に棲(す)む魚 [特にドジョウ、ハゼなど](→ ground fish)、[ドジョウなどの] 水底をはう魚; 地(地上)をはう動物・植物.

    sokuatsu側圧: → lateral resistance of water: n.[回転による]船体の側圧.

    sokuchi-gaku測地学: geodesy.

      /local datum: 局地測地系.
      /Tokyo Datum: 東京測地系.
      /Tokyo datum elevation: 日本測地系.
      /world geodetic coordinates system: 世界測地座標系.
      /World Geodetic System: 世界測地系[略: WGS].

    sokudo速度: [参照]速力.

    sokudo-kouhan[海][船舶の積重測定の基準となる]測度甲板(そくどこうはん): tonnage deck.

    sokuen測鉛(そくえん): lead, sounding lead [測深用の綱・索・ロープの先端に取り付けられた鉛・鉄などの細長い錘 (おもり); [水深を測定するための]測深マークのある索に取り付けられた鉛製のおもり](→ 測深、測深儀).

      /and a half eight: [測鉛での水深報告]8つ半.
      /and a quarter seven: [測鉛での水深報告]7つ4分の1.
      /apron: n.エプロン [船首ブルワークの最上部分]; 船首舷墻(げんしょう)補強板; 船首添板; [木船での]副船首材;  前面張り出し; 測鉛手の膝おおい.
      /arming: n.[海][海底の砂、泥などを付着させるために測鉛(sounding lead)の下端の穴(arming hole)に詰めた] 獣脂; アーミング [arming holeに獣脂などを詰めること].
      /arming hole: n.アーミング・ホール [測鉛(sounding lead)の底部のくぼみ].
      /boat lead: 端艇用測鉛.
      /by the mark: [測鉛を行う時に]投鉛手(測鉛手)が測深結果の尋数(ひろすう)を口述報告する前に付ける呼称;  例えば、'by the mark 6'とは、水深6尋の意となる.
      /cast of lead: 測鉛の投下.
      /coasting lead: [海]浅海用測鉛、沿岸航行用測鉛 [水深20~60尋(ひろ)用; 沿岸航行において用いる比較的小型の測鉛].
      /drift-lead: n.走錨検知用の測鉛.
      /fish lead: n.[海]漁業用測深鉛.
      /hand lead: n.手動(しゅどう)測深鉛(そくしんえん)、手用(しゅよう)測深鉛、手用測鉛(そくえん)、軽測鉛.
      /hand lead line: n.手用測深鉛線.

      lead: n.[海][海洋観測・水深測定用の]測鉛(plummet)、レッド [水深測定器などのおもりの部分]; [魚釣り用の]おもり、 [鉛製の]沈子(ちんし)、いわ; 鉛 [金属元素の一つ; 記号Pb.].
      /deep sea lead: 重測鉛 [深海測鉛とも称される; 重さ約12.6kgの測鉛でもって水深約200mまで測る].
      /hand lead: 手用測鉛 [重さ約6.3kgの測鉛でもって水深約50mまで測る].
      /lead line, leadline: n.[測深(水深測定)用の重り・錘が取り付けられた綱・索・ワイヤーロープ] 測鉛索、測鉛線、 [鉛などの重りが取り付けられた] 綱、鉛線(sounding line); 導索; 沈子綱(ちんしづな).
      /lead line, sounding line, fathom line: 測鉛索、測鉛線.
      /lead man's platform: 投鉛台.
      /leads: 沈子綱に通してある沈子 [鉛・陶器など].
      /lead wire: 鉛線.
      /sounding lead: 測鉛.
      /to arm the lead: [海底の砂泥などを付着させるために]測鉛の底部にある穴(へこみ)に獣脂を詰める.
      /to cast(heave) the lead: [測鉛を投じて]水深を測る、測鉛で水深を測定する.
      /to heave the lead: 測鉛を投じて水深を測る.
      /to practice Thomson Lead: トムソン測深儀で測深する.
      /to take a cast of lead: 測深する.

      /leadsman: [参照]測鉛手.
      /mark: n.[海]測標識、測標、マーク [手用測鉛線・測鉛索に取り付けた深さ(尋)を示す目印; 目盛としての結び目など] (→ Plimsoll mark); 標識票、標章; 印、跡; 記号、符号、マーク; 目標、標的; [器具などの]型、号; 評点、点数;  目印、指示物、道しるべ [西語] marca(f).
      /"no bottom": [測錘などの]不達.
      /plumb: n.[釣り糸などに取り付ける]おもり、重り、錘(おもり)、vt.…の深さを測る、[水深を]測る(→ sound)、測量する.
      ・ plumb line: n.測鉛線(そくえんせん).
      ・ deflection of plumb line: n.鉛直線偏差[その地における測地経度・緯度と天文経度・緯度とのそれぞれの差].
      /swab hitch: 測鉛結び.
      /to cast the lead: 測鉛を投じて測深する、測鉛を投じる、水深を測る.
      /to heave the lead: 水深を測る; 測鉛を投ずる(to cast the lead); 測鉛を投入して深さを測る、測鉛を投じて水深を測る;  測鉛をあげる.
      /to strike soundings: 測鉛が触底する、測鉛が海底に達する.
      /to touch bottom: 底に触れる、[例えば錘(おもり)が]海底に達する.
      /unplumbed: adj.[水深を]測鉛で測っていない.

    sokuen-busubi測鉛結び: swab hitch(→ single sheet bend).

    sokuenshu測鉛手:
    /leadsman: n.(pl. -men)[海][測鉛で水深を測る; 水深測定を行う]測鉛手、投鉛手、レッヅマン[測鉛を船から投じて 測深する水夫].
    /leadsman's platform: 測鉛手台 [測鉛を取り付けた索を投じて測深する時に使用される、船側に張り出された台 (プラットフォーム)].

    sokufuu側風(そくふう):
    /soldier's wind: n.[海][どちらにも進める]側風(そくふう)、[帆船を]同じ開きで一地点から他地点まで進めることができる風.

    sokuhenkei側扁形(そくへんけい): compressiform.
    /compressed: adj.圧縮(圧搾・あっさく)された; [動][魚が]側扁形の; [植] 側面の平らな.
    /compressiform fish: 側扁形(そくへんけい)の魚.

    sokuhyou測標(そくひょう):
    /mark: n.[海]測標識、測標、マーク [手用測鉛線・測鉛索に取り付けた深さ(尋)を示す目印; 目盛としての結び目など] (→ Plimsoll mark); 標識票、標章; 印、跡; 記号、符号、マーク; 目標、標的; [器具などの]型、号; 評点、点数;  目印、指示物、道しるべ [西語] marca(f).

    sokumen側面: → elevation: n.[船]側面、立体図.

    sokumen-senzu[造船]側面線図:
    /sheer plan: n.[造船]側面線図、縦断面図 [船体側面の形状や甲板・水線の位置、甲板の反りの状態などを示す線図; cf. body plan, half-breadth plan].

    sokuon測音:
    /sofar, SOFAR: n.[海]ソファー、水中測音装置(→ sonar) [参考]海難者が救命ボートから爆薬を海中に爆発させ、 海岸の3受信局が位置を確認する装置、[so]und+[f]ixing+[a]nd+[r]angingの略.

    sokuryoku速力: speed; velocity.

      /Ease her!: "速力をゆるめ!".
      /economical speed: n.[船舶などの]経済速力.
      /engine telegraph, speed telegraph: 速力通信器.
      /flank speed: n.[船の]全速力; 猛スピード.
      /fresh: adj.[海・気][風が]かなり強い、疾風の(strong); [強風のために]船足が速い(steady); 若い、新しい、 n.増水、出水(しゅっすい)、大水(freshet); [海に注ぐ]淡水; 突風(gust)、一陣の突風、adv.[通例compd.]新たに、新しく、 たった今、vt.[船の速力(船速)を]増す.
      /freshen: vt.,vi.新たにする(なる); [風が]かなり強くなる、強風となる(→ to freshen up); [船の]速力を増す;  [海][磨耗を防ぐために、ロープ・索などが他の物に接する部分を]換える; [張ってあるロープを]ゆるめる; …の塩分を抜く、 淡水化する、塩分が抜ける.
      ・ to freshen the way: [船の]速力を増す.
      /gather: vi.[海][目標に]進む、航進する、接近する、近づく、vt.…を集める; [力・勢いなどを]増す、増大する、 増加させる; …のギャザをつくる; たぐる.
      ・ to gather speed: 速力を増す・加える.
      /ground speed: n.対地速度(速力).
      /headway: n[船の]前進; 進航(進行)速度、船の速力、船足(ふなあし)、船脚、前進の行き足; [船・列車などの]運航 (運転)間隔; [仕事などが]はかどること、進捗[度].
      [英語] headway: the forward movement of a boat through the water.
      [参考]行き足: 今までの速さ(速力)で進んでいく(進航する)勢いのこと.
      /jingle bell: n.[海]細ひもを引いて船橋から機関室へ速力を指示するベル; ジングルベル.
      /log: 速力計.
      /log speed: 対水速力.
      /milepost, mile post: n.海里標柱、マイルポスト、マイル標、里程標; [船舶の]速力試験標柱、航海速力試験標.
      /navigation speed: 航海速力.
      /rakish: adj.[船が]船足・速力の速そうな、軽快な [海賊船が多く傾斜したマストをもっていたことから].
      /sailing: n.帆走(はんそう)[船が帆に当たる風を利用して走ること]、航海、航行; 帆走法・術、航海(航行)法・術、航法; ヨット競技、ヨット遊び、ヨット術; 航行力、速力、船足; 出帆、出航、adj.帆走の; 船の; 出帆(船出)の.
      /service speed: n.航海速力.

      speed: n.速力; 速度; 流速、v.急ぐ、急がせる.
      /at full(or half) speed: 全(or半)速力で.
      /dead slow speed: 極微速.
      /full speed ahead(or astern): 全速前進(or後進).
      /slow speed ahead(or astern): 微速前進(or後進).
      /speed and [fuel] consumption curve: [船]速力・[燃料]消費曲線、速力燃料曲線.
      /speed indicator: 速力指示器.

      speed telegraph(z179.gif)
      /speed telegraph: 速力通信器、速力テレグラフ [船舶機関の速力・方向に関する命令を操舵室から機関室へ伝達する機械的または 電気的装置] [画像参照: speed telegraph].
      /speed trial: 速力試験(→ sea test, sea trial).
      /to attain a speed of … knots: …節(ノット)の速力に達する.
      /to go at a speed of …: …の速力で進む.
      /to increase speed: 増速する; 速力を出す.
      /to keep the speed: 速力を保持する.
      /to make speed: 急ぐ.
      /to make speed of 10 knots: 10節(ノット)の速力を出す.
      /to pick up speed: 速力を増す.
      /to put on full speed: 全速力を出す.
      /to reduce speed to [10 knots]: 速力を[10節(ノット)に]下げる.
      /to regulate the speed: 速力を調節する.
      /to slacken the speed: 速力を減ずる.
      /with all speed: 全速力で.

      /to ease down: [海]to ease away; …のスピード(速力)をゆるめる→ Ease her!: "速力をゆるめ!".
      /to ease up: 速力を…までゆるめる.
      /to heave(or throw) the log: 測程器を投入する、測程器で船の速力(速度)を測る、[測程器を投入して]船の速さを測る (to cast the log); 測程器をあげる.
      /to put on: [時計の針を]進める; 就航させる; 速力を増す; 作動させる.
      /to whack up a ship: [俗語]船のスピードをぐんと上げる(速める).
      /velocity: n.速度、速力→ velocity to current: n.対水速度.

      way:
      /to gather way: [船が]動き出す、速力を増す、次第に帆に風をはらんで舵が効き出す; [動くものが]勢いを増す (opp. to lose way).
      /to get under way: [船が]出帆する; 始める、進行し始める.
      /to have way [upon ship]: [船が]前進力を有する.
      /to have way on: [海][船が]進行している.
      /to keep little way on the vessel: 船の行き足を少なくする.
      /to lose way: [船が]速力を失う、失速する、速力を減ずる(opp. to gather way: [船が]動き出す、速力を増す); 止まる.
      /to make much(little) way: 船足が速い(遅い); はかどる(はかどらない).

    sokuryou測量: → on line: 測[量]線上に.

    sokuryou-sen[船]測量船: a survey ship.
    [文例] The Marianas Trench was sounded in 1927 by the Japanese survey ship Manshu.: 1927年日本の測量船"満洲"によって マリアナ海溝の水深測量がなされた.

    sokuryou-zao測量竿(ざお)、準尺[測量用]: staff.

    sokuryuu側流(そくりゅう): current measurement; current observation.

    sokusa測鎖:

      /chain: n.鎖(くさり)、チェーン; [海]錨鎖(びょうさ)、錨の鎖; (pl.)[海]投錨台、(pl.)[測鉛手(chainsman, leadsman)の] [帆船上の横静索の下にある]水深測定を行う場所、水深測定場所、投鉛台; [海]海事チェーン(=nautical chain)[=15 feet];  [測量]測鎖 [距離測定機; 測鎖の長さ]; (通例~s)束縛、拘束、vt.測鎖で測る.
      /chainage: n.測鎖または巻尺で測定した長さ、チェーン数.

    sokusei-gunshuu側生群集(そくせいぐんしゅう): mesobiose.

    sokusen測線:a surveying line.
    /on line: 測[量]線上に.

    sokusen[魚などの]側線(そくせん):

      /lateral line: n.[魚などの]側線(そくせん) [体側に並んだ感覚器官; 主として魚類・両棲類の体の両側に縦走している線で、水流・水圧 を知る感覚器].
      /lateral line scale: 側線鱗.
      /lateral line system: n.[魚]側線系.
      /lateral sense organ,lateral-line organ: n.側線器官.

    sokushi[動]足糸(そくし):
    /byssus: n.(pl. byssuses or byssi)[動][軟体動物が岩に付着するのに用いる] 足糸(そくし).

    sokushin測深(そくしん):

      /bathymetric, -rical: adj.測深学の; 等深線の/adv. -rically.
      [文例] Improvements in technology have allowed economically feasible oil drilling to take place beyond the two hundred meter bathymetric contour line.
      ・ bathymetric chart: 水深図; 海底地形図 [英語] map that shows the topography of some portion of the ocean floor [参考] ocean floor: 海床.
      /bathymetry; sounding: 測深(そくしん) [深さを測ること].
      /bathymetry: n.測深学、水深測量[術]、[深海]測深; 水深測量による資料.

      ・ line of sounding: 測深線[観測点を連ねる線].
      ・ "No bottom": 「底に達せず」 [測深において錘測索をある長さまで繰り出してもなお海底に達しなかった場合をいう].
      /blue pigeon: n.[俗称]測深鉛.
      /deep-sea lead: [海測用]深海測鉛.
      /deep-sea sounding: 深海測量、深海測深 [手用測鉛(hand lead)では達しえない、通常100尋以上の水深を測定すること].
      /deep-sea sounding machine: n.深海測深機.
      /depth finder: n.[海]音響測深機、測深儀.
      /depth gauge: 深さゲージ.
      /depth indicator: n.深度計(→ depth recorder).
      /depth recorder: n.[海]自記深度計、深度計、測深計(→ depth indicator).
      /depth sounder: n.測深儀、測深機、測深器.
      /Lucas depth sounder, Lucas sounding machine: n.ルーカス測深機、ルーカス測深儀 [水深600mまで測深できる].
      /no bottom: 「ノー・ボトム」 [測深しても測鉛が海底に達しないこと].
      /no-bottom sounding: n.[海]底なし測深 [海が深すぎて測深鉛が海底に届かない場所での測深].
      /pressure sounding: n.水圧測深.
      /a quarter less eight: 7つと4分の3、7つと3/4 [測鉛における水深報告].
      /range: n.[海中動物の棲(す)む]水深、棲む範囲(生息範囲); [動植物などの]分布範囲、分布区域; 生息区域; [海・空]航続距離; 測深 可能な水面を示す線; [海]2個以上の導標に基づく航路延長線 [安全航路を示す].

      sound: vt.[測鉛・はかり竿などで][水深・深さ深い穴など]を測定する・測る、[測鉛、測り竿などで、海・湖・池など] の水深(深さ)を測る; …の底を探る、調査する.
      vi.[測鉛などで]水深を測る、測深する; [測鉛が]底(海底・水底)に達する(沈下する); [鯨などが]海底(水底)に潜(もぐ)る.
      /sounder: n.水深を測る人、測深手; 測深機、水深測定器具.
      /sounding line: 測深線、測鉛線 (=lead line)[水深を測るためのワイヤ・綱など].
      /soundings: n.pl.測深[測鉛を水中に投入するなどの手段をもって測量された水深; そのような手段をもって測深可能な浅い水域].
      /The Marianas Trench was sounded in 1927 by the Japanese survey ship Manshu.: 1927年、日本の測量艦「満洲」によって マリアナ海溝の水深が測定された.
      /to sound the depths of the ocean: 大洋の海底(深い所・水深)を測定する、大洋の水深を測る.

      /to cast(heave) the lead: [測鉛を投じて]水深を測る、測鉛で水深を測定する [参考]lead: 測鉛.
      /to heave the lead: 測鉛を投じて水深を測る.
      /to practice Thomson Lead: トムソン測深儀で測深する.
      /to run a line of sounding: [海図作成・改正などの目的で]定針路に沿って測深する.
      /to take a cast of lead: 測深する.
      /wire sounding: n.索測深(さくそくしん)、綱索(こうさく)測深 [海底まで下ろした鋼索の長さから水深を測る方法].

    sokushinen測深鉛: [参照]測鉛.

      /blue pigeon: n.[俗称]測深鉛.
      /deep-sea lead: [海測用]深海測鉛.
      /hand lead: n.手動(しゅどう)測深鉛(そくしんえん)、手用(しゅよう)測深鉛、手用測鉛(そくえん)、軽測鉛.
      /hand lead line: n.手用測深鉛線.
      ・ lead line, sounding line, fathom line: 測鉛線.

    sokushingi測深儀: [参照]測深器.

    sokushinki測深器:

      /bathometer: n.[海]測深器、測深計、水深測量器、水深計/adj. bathometric.
      /bathymeter: n.[海][深海用の]測深儀、測深器(=bathometer).
      /depth recorder: 測深計.
      /depth sounder, fathometer, sounding machine: 測深儀.
      /hand log: n.手用(しゅよう)測程器(儀)、手用測定具[ログシップ(扇形板)を船の後部から海中に投げ入れ、一定期間(14秒または28 秒; 砂時計には14秒計と28秒計がある)に流れ出た(送出された)ログライン(ロープ)に取り付けられた結び目(ノット)を数えて船の速さを 測る].
      /Kelvin sounding machine: n.ケルビン測深儀(そくしんぎ).
      /precision depth recorder: an extremely accurate echo sounder.
      /sea gauge, sea gage: n.[海]喫水(きっすい)、吃水(きっすい); [水圧による; 水圧式の]測深器(そくしんき)、水深計、 深度計 [水圧によって管内の水銀柱が作用を受けるという深海用測深装置]、気圧測深器; 自記測深器、自記海深計.
      ・ depth gauge: n.水深[記録]計、水深器、測深器.
      /sounding machine: 測深機 [水深を測定するための機器].
      /sounding tube: 測深管(そくしんかん).
      /sounding wire: 測深索(そくしんさく).

    sokutei[量・限度・性質などの]測定:

      /determinant: 決定要素、決定者.
      /determination: n.決心; [性質・量・限度などの]測定[法]、量定; 同定.
      ・ the determination of the salt in sea water: 海水中の塩分の測定.
      /determine: vt.…を決定する; [成分など]を測定・算定する; 同定する.
      ・ to determine the salt in sea water: 海水中の塩分を測定する.

      sound: vt.[測鉛・はかり竿などで][水深・深さ深い穴など]を測定する・測る、[測鉛、測り竿などで、海・湖・池など] の水深(深さ)を測る; …の底を探る、調査する.
      vi.[測鉛などで]水深を測る、測深する; [測鉛が]底(海底・水底)に達する(沈下する); [鯨などが]海底(水底)に潜(もぐ)る.
      /The Marianas Trench was sounded in 1927 by the Japanese survey ship Manshu.: 1927年、日本の測量艦「満洲」によって マリアナ海溝の水深が測定された.
      /to sound the depths of the ocean: 大洋の海底(深い所・水深)を測定する、大洋の水深を測る.

    sokutei-ban[海]測程板(=log chip): log ship, log-ship.
    /log chip, log-chip: n.[海]測程板(そくていばん)、[手用の測程器での]扇形板 [hand logの抵抗板] [参考] log ship, log-shipともいう.
    /log ship: n.[海]測程板(=log chip)、扇形板 [ハンドログの抵抗板] [参照] log chip.

    sokuteiban測定板: [注]魚体長を測るための板/穿孔カード: 測定板に魚を乗せ尾叉長を測る時、尾部下にカードを下に 敷き、千枚通しで尾端に孔をあけて行き、その穿孔数を数える/carapace length: 甲長/mantle length: 外套背長[略: ML]/ fork length: n.尾叉長(びさちょう)[魚の頭の前端から尾鰭の湾入部の内縁までの長さ]、尾叉体長 [略: FL].

    sokuteigi測程儀: [参照]測程器.

    sokuteiki[海]測程器(そくていき): [参照]ログ.

      /Chernikeeff log: n.チェルニケフ・ログ [測程儀の一種; 船底に設けられた小さなスクリューの回転数をもって航走 距離を計る].
      /electric log, electric ship-log: n.電気[式]ログ、電気式測程儀、電気測程器 [logの回転数を電気的に船橋に標示する].
      /electric log register: 電動測程儀指示器.

      log: n.[海][航海中の船の速度を測る]測程器、測程儀[航海中の船の速力を計測する航海用具の一つ]、速力計; [海・空]航海(航空)日誌、 航泊日誌(=logbook, log book)(→ journal); 丸太、丸木 [画像参照: 測程器、ログ][測程儀とは航走距離および速力を測定する器械類の総称;  手用測程儀、曳航測程儀、船底測程儀などがある].
      vt.(logged, logging)(1)[海]…の航程を記入する; [船の速度、航程(航走距離)、過失船員名など]を航海日誌に記入する (書き込む); [過失船員]に罰金をかける; [事実を]日誌(日記)に記す; (2)[船・飛行機で予定のスピードを]出す、 [船が…ノットを]を出す、[測程器で]速力を示す、測程儀で測る; [1日に][…の距離]を進む(航走する)、[ある時間・距離]の航行(飛行・走行)をする(記録する)[up]; [距離・速度など]の記録を達成する.
      ・ The ship logged 20 knots the first day.: その船は初日に20ノットで航走した.
      /bottom log: 船底測程儀.
      /chip log: n.[海][速力を計る]手用測程儀; 扇形板(=log chip).
      /Dutchman's log: 流木式測程儀 [船首尾上に定めた2点の間の距離を測っておき、流木がその2点間を通過する時間もって 船速を求めるもの].
      /Forbes log: フォーブズ測程儀[船底測程儀の一種].
      /ground log: n.[海][流れの速い浅海で用いる]対地船速測程儀、対地速力測定用浅海測程儀、航跡測定用浅海測程儀、 グランド・ログ[沈降錘に測程索を取り付け海中に投下して、その移動距離と方向を測定する一種の測程儀].
      /hand log: n.手用(しゅよう)測程器(儀)、手用測定具.
      /harpoon log: ハプーン・ログ[旋回子と指示器とが結合され共に水中を曳航される一種の曳航測程儀].
      /log apparatus: 測程儀、測程装置.
      /log chip: 測程儀の扇形板(log ship).
      /log glass: 砂時計(sand glass).
      /log line: [海]測程索、測程線.
      /log reel: 測程索絡車.
      /log ship: 測程儀の扇形板(log chip).
      /optical log: n.オプティカル・ログ [光学的仕組みをもって、波の流動から船速を測定する測程儀の一種].

       画像: 曳航式測程器・測程儀、
       引航測程儀、特許測程器(儀)、
       パテント・ログ(z159.gif)
      /patent log: n.[海]曳航(えいこう)[式]測程器(測程儀)(=taffrail log)、引航測程儀、特許測程器(儀)、パテント・ログ、 ピー・ログ(P log)、Pログ(P log) [ウォーカー式測程儀の別名] [画像参照: 曳航式測程器・測程儀、パテント・ログ].
      /SAL log: n.サル・ログ、サル式測程器(儀) [船底測程器の一つ; 船底からピトー管を出し、船が航走する時の流圧をもって 船速を測定する、スウェーデンの会社が製造した測程儀のSvenska Aktibolaget Loggの略] [参照]ハンドログ、パテントログ.
      /screw log: n.曳航測程器(=patent log).
      /stray line: n.[海][測程索の]贅索(ぜいさく)、漂遊線 [「ぜい」とは、むだ(なもの)、役にたたない意].
      /taffrail log: n.曳航測程儀、[タフレールから流している]測程器、タフレール・ログ(=patent log).
      /The ship logged 25 knots the first day.: その船は初日に25ノットで航走した.
      /The vessel logs 20 knots.: その船は測程器で20ノットの速力を示す.
      /to haul the log: 測程器を取り込む.
      /to heave(or throw) the log: 測程器を投入する、測程器で船の速力(速度)を測る、[測程器を投入して]船の速さを測る (to cast the log); 測程器をあげる.
      /to re-set(reset) [a] log: 測程器をリセットする、測程儀の示度をゼロ(零)にして再発動する.
      /to set [a] log: 測程器を装する、装して動かす、測程儀を発動する.
      /to stream [a] log: 測程器を流す、[曳航測程儀の]測程索を流す.
      /to take in the log: 測程器を取り込む.
      /Walker's log: n.ウォーカー式測程儀 [パテント・ログ(patent log)ともいう]、曳航測程器.



    A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | U | V | W | X | Y | Z
    このページのトップに戻る/Back to the top of this page



    sokuteisaku測程索: log line.
    /log line, log-line: n.[海]測程線、測程索、ログ・ライン [パテント・ログ、ハンド・ログなどのロープ部分のこと].
    /log reef: n.[海]測程線の糸巻車.
    /stray line: [海][測程索の]ぜい索、漂遊線.

    sokuteisen測程線: [参照]測程索.

    sokuten測点(そくてん): station; point.

    sokutou側灯: [参照]舷灯.

    sokuwanban側腕板(そくわんばん): lateral arm-plate.

    someru[網などを]染める:
    /piece-dyed: [網などの]後染(あとぞ)めの、編網(へんもう)後に染めた.
    [参考]piece: n.[流し網・網地・織物などの]反(たん)、反数、1反; [延縄などの]1鉢(bolt).
    /piece dyeing: [網などの]後染(あとぞ)め.

    somewake-bera[魚]ソメワケベラ: black-and-yellow wrasse.

    somewake-guriソメワケグリ: Reeve's dog cockle.

    somewake-mategai[貝]ソメワケマテガイ: Lamarck's razor shell.

    somewake-oriire-boraソメワケオリイレボラ: two colored nutmeg.

    somewake-yakko[魚]ソメワケヤッコ: black and gold angelfish.

    sona-ソナー: [参照]アスディック(ASDIC).

      /forward and side-scan sonar: フォワード・アンド・サイドスキャン・ソナー.
      /sonar, SONAR: n.ソナー、ソーナー、水中音波探知機、音響探知装置 [音波の反射による、水中の物体や障害物を探知したり、 海底状況を探査する機器・装置[法]](asdic scanar)[米国: sonar, 英国: asdic]; sonic depth finder(音響(音波)測深器)、 [so]und [na]vigation and [r]angingの略.
      [参考]ソナー: 主に対潜水艦戦において、水中にある物体の位置を特定するために用いられる電子装置; 以前にはアスディック(ASDIC)と 呼ばれていた.
      [英語]sonar: A device used for locating and measuring the distance of other objects underwater.
      /side scan sonar, sidescan sonar, side-scan sonar: n.サイドスキャン・ソナー、海底面探査ソナー [略称: SSS].
      /a side-scan sonar unit called a towfish: "towfish"と呼ばれるサイドスキャン・ソナー.
      /sofar, SOFAR: n.[海]ソファー、水中測音装置(→ sonar) [注]海難者が救命ボートから爆薬を海中に爆発させ、海岸の3受信局が位置 を確認する装置、so[und]+f[ixing]+a[nd]+r[anging].
      /sonar buoy: ソナーブイ.
      /sonargraph: ソナーグラフ.
      /sonarman: n.[海軍]水測員、ソナーマン.
      /sub-bottom and side-scan sonar: サブボトム&サイドスキャン・ソナー.
      /to sweep with sonar in a grid pattern across the target area: 格子状に<沈船の>目標海域をソナーで掃海(探索)する.

    so-nbakku-rei[魚]ソーンバック・レイ: thornback ray, [学名]Platyrhina triseriata.

    songoroソンゴロ: songoro amberjack.

    sonobuiソノブイ
    /sonobuoy: n.[海]自動電波発信浮標、無線浮標、ソノブイ(=sono-radio buoyソノラジオブイ)[水面下の音を探知し、 増幅して受信機に無線信号を送る; 例えば飛行機から投下して潜水艦を探知する].

    sono-rajio-buiソノラジオブイ: sono-radio buoy.

    soranda-zu-tobi-[魚]ソランダーズ・トビー: [魚]Canthigaster solandri [フグ科].

    sorasuそらす:
    /cast: v.(cast, casting)vt.…を投げる(to throw)、投げ入れる、ほうる、投下する; [網を]打つ; [釣り糸・釣り針を]投げる、キャストする、垂れる; [海][船を]下手回しにする; [いかり]を下ろす; [海][風から船首]をそらす.

    sorasuzumedai[魚]ソラスズメダイ: heavenly damseifish, Pomacentrus coelestis.

    soraumihebi[魚]ソラウミヘビ: halfbanded snake eel.

    sorea-zokuソレア属: ? [ソレアはラテン語で「靴」の意].

    soren-kaiyou-senpaku-shouソ連海洋船舶省(=モルフロート): MORFLOT.

    soren-kokuei-kyokutou-senpaku-koushaソ連国営極東船舶公社: Dalnevostochnoye Morskoye Parokhodstvo [所在地: ウラジオストク(Vladiostok)].

    sorenpou-kakuryou-kaigi[旧]ソ連邦閣僚会議: Sovet Ministrov SSR.

    sorenpou-saikou-kaigi[旧]ソ連邦最高会議: the Supreme Soviet, Verkhovnyj Sovet SSR [参考]旧ソ連邦の最高国家 権力機関。2院制の立法機関で自由主義諸国の国会に相当する.
    /presidium: [旧ソ連邦最高会議の]常任幹部会.
    /The Presidium of the Supreme Soviet: 旧ソ連邦最高会議幹部会.

    soreruそれる:

      /gripe: vt.[海][ボートを]デッキ・鉤柱に縛りつける、vi.[海][船が]風上側にそれがちである.

      sheer: vi.[海][船が]針路からそれる(外れる、はずれる); 方向を転じる、vt.[船]を針路からそらせる、…の方向を変えさせる.
      n.[船の]針路転換、転針、湾曲進行、[船が]針路からそれること; [船]舷弧(げんこ)、船弧 [側面から見た甲板の弧度;  船首尾の上方への反り・そり]、甲板側線の反り、[甲板などの]湾曲; 単錨泊(たんびょうはく)の船の位置、単錨で停泊中に とかく移動しがちな船の状態 [参照]yawing.
      /The boat sheered away(or off).: ボートが方向を変えた.
      /to sheer a boat off: ボートの向きを変える.
      /to sheer off(away): [衝突などを避けるために]針路からそれる.

      /to fall off: 風下に落ちる、[海]針路からそれる(はずれる)、風下に流される、風下に転航する; [海岸線が]曲がって行く; 舵が利かなくなる.
      /to hold one's course: [船などが]航路をそれずに進む.
      /yaw: vi.[海][船が]針路からそれて左右に揺れながら進む、偏走する、進路を逸する; 船首が左右に揺れる、 揺首(ようしゅ)する; ヨーイングする、vt.…を針路からそれさせる、n.揺首(ようしゅ)、船首揺れ、針路の横ぶれ; 偏走、針路からの逸脱.
      /yawing: n.ヨーイング; 船首揺れ、揺首 [針路から逸脱し、船の針路が一定しない]、針路からの逸脱.

    sori[船体などの]反り: [参照]hog, hogging; sag, sagging

      /arching: n.船首尾垂下; 船体中部の上ぞり(=hogging)[Another name for hogging→[参照]hog]; 帆面のふくらみ度合.

      camber: vi.[中高に]反(そ)る(arch)、vt.…を反らせる、湾曲させる.
      n.[梁(はり)・梁材・甲板・床・道路などの]うわ反(そ)り、反り、甲板の上向きの湾曲[中央部が少し持ち上がる(反り上がる)状態]; [小船・漁船などを繋(つな)いでおく、突堤などによって遮蔽された] 船(ふな)だめ、船溜り(ふなだまり); [船]梁矢(りょうし); キャンバー(=beam camber, camber of beam); 小船渠.
      [参考]梁矢(りょうし): round up, round up of beamとも言う; 船の甲板構造として、中央部が高く反り上がり、その左右の舷方向に行くに 従って低く傾斜するもの; 甲板の上向きの湾曲; 甲板を流れる海水の水はけなどを良くする.
      /camber angle: 反り角.
      /camber beam: [建築]起梁(むくりばり).
      /cambering: n.n.反ること、ホグ、ホギング; 湾曲すること.
      [参考][スペイン語]quebranto: m.砕くこと、砕けること、破壊; 損害、損失; ホグ、ホギング [英語]cambering.
      /camber line: 反り曲線[甲板・プロペラ翼断面などの反りの形状を示す曲線].
      /camber of beam: キャンバー(camber)と同義、[船]梁矢(りょうし)[船のビームの反りの高さ; 甲板の水はけを良くするために 設けられる; 普通の船舶の梁矢は船幅50に対して約1の割合とされる; round up of beam ともいわれる].
      /camber of launching way: 滑り台の反り.
      /camber ratio: 厚さ幅比[プロペラの翼断面における翼の幅と最大厚との比].

      /hog: n.[海]船底スクレープ用の丈夫なブルームまたはハケ、[船底清掃用の]硬いブラシ(ほうき)、かきぼうき; 船首・船尾の垂下の程度(cf. sag); [梁材の]中高の反(そ)り; 豚.
      v.(hogged, hogging)vt.[船底]をかきぼうきで清掃する、vi.[海]船底を掃除する; 船体前後部が垂下する、船体の両端が垂下する、 [難破船の中央部が]豚の背のように曲がる.
      /sheer: n.[船の]針路転換、転針、湾曲進行、[船が]針路からそれること; [船]舷弧(げんこ)、船弧、シア [側面から見た甲板の弧度;  船首尾の上方への反り・そり]、甲板側線の反り、[甲板などの]湾曲; 単錨泊(たんびょうはく)の船の位置、単錨で停泊中に とかく移動しがちな船の状態.
      /spiling: n.杭;[造船]外板木口の内ぞり[反り具合].

    sori[推進機の羽根の]反り(そり): skew.
    /highly skewed propeller: n.ハイ・スキュー・プロペラ.

    soroi-higeソロイヒゲ: spiny rattail.

    soroi-mongara[魚]ソロイモンガラ: black triggerfish.

    soru反る:

      /camber: vi.[中高に]反(そ)る(arch)、vt.…を反らせる、湾曲させる.
      n.[梁(はり)・梁材・甲板・床・道路などの]うわ反(そ)り、反り、甲板の上向きの湾曲[中央部が少し持ち上がる(反り上がる)状態]; [小船・漁船などを繋(つな)いでおく、突堤などによって遮蔽された] 船(ふな)だめ、船溜り(ふなだまり); [船]梁矢(りょうし); キャンバー(=beam camber, camber of beam); 小船渠.
      [参考]梁矢(りょうし): round up, round up of beamとも言う; 船の甲板構造として、中央部が高く反り上がり、その左右の舷方向に行くに 従って低く傾斜するもの; 甲板の上向きの湾曲; 甲板を流れる海水の水はけなどを良くする.

    so-ru[魚]ソール:

      /Dover sole: n.[魚][ドーヴァー]ソール [欧州主産のササウシノシタ科の食用魚]; California沿岸主産のカレイ科の食用魚.
      /sole: n.(pl. sole or soles)[魚]シタガレイ、シタビラメ(舌平目)、[特に]ソール [ウシノシタ科の食用魚; ウシノシタの一種]; [広く]ヒラメ、カレイ.
      ・ fillet of sole: 舌平目のフィレー.
      /solenette: n.[魚]英国最小型のソール(sole).

    so-ruta-dakkuソールターダック: Salter duck [水車による波力発電装置; Stephen H. Salter英国の技術者名に由来].

    so-suソース: → fish sauce: n.魚肉用[白]ソース; 魚製ソース.

    sotohe外へ:

      /to clear harbour: 港外に出る.
      /to clear out: 出港する; 外へでかける.
      /to clear out fairway entrance: 航路入口を[外へ]航過する.
      /to clear the land(shore): [船が]陸地(陸岸)を離れる [座礁の危険のない外海に出る].

    soto-iwashi[魚]ソトイワシ(外鰯): ladyfish, [学名]Albula vulpes (Linnaeus)[ソトイワシ科(Albulidae)].
    /ladyfish: n.[魚]カライワシ(=tenpounder, bonefish); ソトオリイワシ(bonefish).
    /bony fish: n.[魚]カライワシ.
    /machete: [魚]カライワシの一種.

    sotoori-gai[貝]ソトオリガイ:
    /lantern shells: n.pl.[貝]ソトオリガイ科.
    /littoral spoon clam: n.[貝]ソトオリガイ.

    sotoori-iwashi[魚]ソトオリイワシ:
    /bonefish: [魚]ソトオリイワシ、[広く]ソトイワシ科(Albulidae)の各種の魚(=ladyfish)、ソトイワシ; カライワシ(ladyfish).
    /snouty lanternfish: n.[魚]ソトオリイワシ.

    sotoumi外海(そとうみ)、外洋: open sea [対語]内海(うちうみ).

    sotte[…に]沿って:

      /alongshore: adv.,adj.岸に沿って(沿った)、磯づたいに(の).
      /alongside of …: …に沿って; …と相並んで; …のそばに.
      /to hold the land: 常に陸地を見るように航行する.
      /to keep a good hold of the land: [船が]岸の極(ごく)近くに沿うようにする [参照]接航.
      /to keep [in with] the land: 陸岸に沿って航進する.
      /to keep the land aboard: 陸地沿いに接航する、陸地に沿って航行する、陸地にできるだけ沿って安全に通過する.
      /to lie along (or to keep in with) the land: [海] 陸地に沿って航行する.

    sou: layer.
    /layer of no motion: [海]無流層(→ motionless layer).
    /layer of observation; observed layer: 観測層.
    /region: [海水または大気の]層(layer); [動植物地理上の]区; 地方、地域、地区; 地帯; 行政区、管区.

    sou[生物群集の](そう): facies.

    souansha双暗車(そうあんしゃ): twin-screw [2軸のスクリュー式推進装置; 船乗り俗称「二本足」].
    /twin-screw: adj.[海][船が]双暗車の、ツインスクリューの.

    soubi装備:
    /mount: vt.[船・要塞など]に<銃砲などを>備える、装備する、搭載する[… with, on].
    /The battleship is mounted with 24 guns(or cannons)=24 guns(or cannons) are mounted on the battleship.: その戦艦は24門の大砲を搭載する.
    /The battleship mounts 24 guns(or cannons).: その戦艦は24門の大砲を装備している.

    soubyou走錨(そうびょう): dragging anchor , dredging anchor [参照]錨(anchor)、把駐力(はちゅうりょく)、効く、引きずる.
    [参考]投錨中の錨の把駐力がなくて、錨が引きずられて移動し、船が動く状態.

      /anchor comes home: 走錨する.
      /drag: v.(dragged, dragging)vt.[重い物]を引く、引っ張る(haul); [重そうにのろのろと]…を引きずる; [網・引網・錨などを引いて] [水底]を探る、さらう、引っ掛け錨で探る、さぐり錨で探る、[川を]さらう、掃海する.
      vi.[網・錨などで]水底を探る、さらう(dredge); [錨・鎖などが]引きずられて行く.
      ・ The anchor dragged.: 錨が引きずられた.
      ・ The ship drags her anchor.: 走錨(そうびょう)する [船が錨を降ろしたまま押し流される].
      /drag anchor: 錨をひきずる; 走錨する.
      /dragging: n. [把駐力がなくて]走錨すること; [網・錨での]探底; 掃海 [参考] bite: v.(bit, bitten or bit, biting)[錨が] 海底に食い込む; [釣][魚が]餌に食いつく.
      /dragging anchor, dredging anchor: 走錨(そうびょう) [錨のかかり(錨の効き)が悪くて、錨が海底を引きずっている状態].
      [参考] anchor-hold, anchor hold: n.錨のかかり、錨きき; 錨のかかる水底.
      /dredging anchor; dragging: n.走錨 [錨が引けること].
      /drift anchor: n.海錨(かいびょう)(sea anchor); 走錨検地用の錨(→ drag anchor).
      /drift-lead: n.走錨検知用の測鉛.
      /holding power [of anchor]: [錨の]把駐力(はちゅうりょく)、把住力(はじゅうりょく)、固定力 [錨が水底を掻(か)く力; 錨が海底に引っ掛かる力].
      /to come home: 走錨する.
      /to drag anchor: 錨がきかず漂流する、錨をひきずる、走錨する.
      /to drag the anchor: [船が]錨を引きずる.

    soubyouhaku双錨泊(そうびょうはく):

      /flying moor: n.前進双錨泊[法] [同義] running moor; 係岸の際、行脚のある間に投錨して係留すること.
      /hammerlock mooring: n.ハンマーロック双錨泊[両舷からそれぞれ下方に伸びた錨鎖がX字型に交差している双錨泊].
      /running moor: n.前進双錨泊(→ riding moor).

      moor: v.[船・浮標・機雷などを]繋ぎ止める; 係留する; 停泊する; 停泊させる; 錨泊する、双錨泊(そうびょうはく)する、 [2個以上の錨で船を]停泊させる.
      /riding moor: 後進双錨泊(→ mooring with stern way)[最初に第一錨を投下し、その後に後進を行ない後ずさりし適所で 第二錨を投下し錨泊する方法] [対語]running moor: 前進双錨泊.
      /running moor: 前進双錨泊 [対語]riding moor: 後進双錨泊 /to moor across: 流れの両側に投錨して双錨泊する.
      /to moor anchors ahead: 前方に二錨を投じて双錨泊する.
      /to moor with sternway(or headway): 後進(or前進)双錨泊をする.
      /to moor with swivel: スイベルを使って双錨泊する.
      /to moor with two anchors: 双錨泊する.

      /mooring: n.係留、繋留(けいりゅう)、係船; 双錨泊、[2丁錨・双錨での]停泊、碇泊; (通例pl.)係留具(係船・停泊)・設備・要具、 繋留装具[索・錨など]; [浮標定置用の]係留索; 係船具;  (~s)係留所(繋留所・係船所)、停泊所、停泊場係留場所[岸壁、桟橋、 浮標などの船の係留に適した場所] [moorageとともに、係留を意味する最も一般的な語] [西語] amarra, amarraje.
      [参考]係留(mooring): 複数の錨および索などを使って、船が移動しないようにつなぎ止めること.
      [参考]双錨泊: 船体の振れ回りを緩和するため距離を隔てて両舷錨を投下し、その中間に船を保持して錨泊すること.
      /mooring with stern way: 後進双錨泊[最初に第一錨を投下し、その後後進を行ない後ずさりして適所で第二錨を投下し錨泊する方法;  riding moorともいう].
      /open hawse: n.オープン・ホーズ [いかり綱や錨鎖(びょうさ)に絡みのない停泊(碇泊)状態・双錨泊の状態; 両舷の錨鎖が 均等に張り合ったV字形の双錨泊]
      /ordinary moor: n.後進双錨泊[投錨の一般的な方法; 後進力でもって第一錨を投下する].

      riding:
      /riding anchor: n.ライディング・アンカー [双錨泊時、係駐力の加わっている錨].
      /riding at two anchors: n.二錨泊.
      /riding cable: n.張り錨鎖(びょうさ) [双錨泊において、緊張している側の錨鎖]、張錨鎖[双錨泊時] [参考] ride、 vi.掛かる、載せられている、[支えられて]動く.
      /riding hawse full(or fallen): ライディング・ホース・フル [停泊中動揺激しく、船首を水に突っ込むように停泊した状態].
      /riding moor: n.後進双錨泊.
      /riding of two anchors: n.双錨泊(そうびょうはく).
      /riding to two anchors: 双錨泊(そうびょうはく) [対語]riding to single anchor: 単錨泊(たんびょうはく).

      /running moor, flying moor: 前進双錨泊、ランニング・ムア [双錨泊において、船体を前進させながら第一錨の投下を行う 錨泊法].

    souchi装置:

      apparatus: n.装置、一式、器具.
      /anti-rolling apparatus: 揺れ止め装置.
      /arrangement: n.配置; 装置、設備; 手配、手はず; 取り決め、協定、協約.
      ・ boat arrangement: ボート装置.
      ・ mooring arrangement: 係留装置.
      ・ steering arrangement: 舵取り装置.
      /diving apparatus: 潜水器具.
      /life saving apparatus: 救命浮器.
      /log apparatus: 測程儀、測程装置.
      /steering apparatus: 舵取り装置.

    souchi-sei走地性(そうちせい): → geotaxis: n.走地性(そうちせい)、重力走性 [重力刺激に対する走性].

    souchou[海]双潮(そうちょう):
    /agger: 双潮 [中間で一時干満が逆になって最高(最低)水位が2つできる満潮(干潮)].
    /double tide: n.[海]双潮(agger)[高潮時または低潮時のしばらく後にほぼ同じ高さの潮昇または潮降が1回あるもの].

    souchou曹長:
    /gunnery sergeant: n.[海兵隊(Marine Corps)]特務曹長、二等曹長.

    souchou-sagyou早朝作業:

      /turn to: [船乗り用語]タンツー[甲板洗い]、朝食前の早朝作業; 始業(「作業にかかれ!」、 「仕事始め!」という意味の船員言葉; 船員用語では一般にタンツーと称し、「仕事始め」とは称しない).
      [参考]タンツー: 「Turn to the work」(仕事にかかれ)の訛った言葉で、起床時から朝食前までの仕事を意味する; 毎朝朝食前に海水を汲み上げて 上甲板をきれいに磨き洗い上げる習慣的早朝作業のこと、またその作業を行うことをいう.
      [参考] knock off: 予定量の作業を完了してそれを中止すること; あるいは送風・加熱などの行為を中止すること.

    souda操舵(そうだ): [関連操舵用語]操船、操縦、転舵、保針、変針、転針.

      /con, conn: n.[海・空] 操舵(操艦)指揮[操舵または操舵当直者を指揮すること]、操船(操艦)指揮; 操舵(操艦)指揮者の位置(持ち場).
      vt.(-nn-)[船・飛行機などの] 操舵(コース・針路)を指揮する、舵取り・舵手(だしゅ)を指揮する、操舵の指揮をとる.
      ・ a conning tower: [軍艦の] 司令塔; [潜水艦の] 展望塔.
      /electric steering engine: n.電気操舵機.
      /hand steering: n.手動(しゅどう)操舵.
      /hand steering gear: n.手用操舵(舵取り)装置.
      /helm: n.[海]舵(かじ)[の柄]、舵柄(だへい)(tiller); 舵輪(だりん)(steering wheel); 操舵(そうだ)装置、舵器、舵機; 操舵;  舵角、舵取り角(helm angle); 舵の動き [西語]timo'n.
      vt.[船]の舵をとる、…の舵を操る(to steer); …を支配する.
      /helm order, steering order, wheel order: 操舵号令 [操船者が操船するために、操舵する者に与える号令].
      /Helshow [hydraulic] steering gear: n.ヘルショウ式操舵装置.
      /jury steering apparatus: 応急操舵装置.
      /left: n.左; [米国][操舵号令]レフト(port).
      /Left!: [米国][海]取り舵!(port) [操舵号令] [対語] Right!→ left [rudder]: 取り舵.
      /self-steering: adj.自動操舵の<ボートなど>.

      steer: vt.[船]の舵を取る、操舵する、…を操縦する、操船する; [ある方向に・一定方向へ]…を向ける、進める、 進行する、ある進路を取る、…の進路を決める.
      vi.舵を取る(操る)、操縦する、操縦される; [ある方向へ]進む、向かう[for, to …]; [船などが]舵がきく、操縦できる.
      /This boat steers easily(badly).: このボートは操縦しやすい(しにくい).
      /to steer a boat toward the coast: ボートを海岸の方向に舵を取る・操舵する・操船する.
      /to steer a ship southward: 船を南方に向ける.
      /to steer by(or past) …: の側を通る、…を避けて(よけて)通る.
      /to steer right toward …: …に向け真直ぐに操舵する.
      /to steer the boat for(toward) the island: (vt.)ボートを島に向けて進める.
      /to steer the ship north: (vt.)船を北に進める.
      /to steer to the anchor: [投錨時に]船首を錨の方に寄せる.

      steering: n.舵取り、操舵 [舵角を変えること、または舵を使って操船すること]、操舵法、操縦、ステアリング、舵を動かすこと; steering gear [参照] veer, fetch.
      /steering apparatus: 操舵装置、舵取り装置、操舵機(steering gear, steering arragement).
      /steering arm(lever): 舵取り腕.
      /steering arrangement: 舵取り装置.
      /steering bridge: 操舵船橋(せんきょう).

      操舵装置、操舵機、舵機 (z212.gif)
      /steering chain: 操舵鎖(そうだくさり)、舵取りチェーン.
      /steering column(pillar, post): 舵取り柱.
      /steering compass: 操舵コンパス、操縦用コンパス、舵取りコンパス、操舵羅針儀[舵輪台の直前に据え付けられている、単に操舵用のもの].
      /steering engine: 操舵機、操舵機関、舵機(だき)、舵取り機、操舵原動機、操舵汽機(steering gear)[舵を直接動かす機械].
      /steering gear(apparatus): 舵取り装置、舵取り機 [下記参照].
      /steering gear[舵を命令舵角に転じ、保持するための装置], steering apparatus; helm: [船・自動車などの]操舵装置、操舵機(そうだき)、 舵機(だき)、舵取り装置 [画像: 操舵輪、操舵台、舵機・操舵装置(南極観測船「宗谷」の操舵船橋の操舵室内)(z212.gif)].
      /steering house: 操舵室(そうだしつ).
      /steering knuckle: 舵取りひじ.
      /steering oar: 操舵用櫂(かい)[舵代わりに船尾の水中に入れる櫂]; [救命艇などの]舵取りオール [小型船・ボートなどの船尾付近の 片舷または両舷に備え、進行方向を制御するためのオール].
      /steering(helm) order: 舵取り号令; 操舵号令、操舵命令.
      /steering pedestal, steering column, steering post: 舵輪台、舵取り台、舵輪取り付け台(steering stand).
      /steering quadrant: 扇形舵柄; 舵柄弧; 舵取りコードラント.
      /steering repeater: 操舵従羅針儀、操舵用リピーター・コンパス.
      /steering rod, steering shaft: ステアリング・ロッド、操舵(舵取り)棒、舵取り引き棒.
      /steering room(house): 舵取り室.
      /steering shaft: 舵取り軸.
      /steering stand: 操舵台、操舵スタンド、舵取り台 [画像: 操舵輪、操舵台、舵機・操舵装置(南極観測船「宗谷」の操舵船橋の操舵室内)].
      /steering telegraph: 操舵伝令器; 舵取りテレグラフ.
      /steering tiller: ステアリング・チラー、舵柄.
      /steering wheel, steering-wheel: n.[船の]舵輪(だりん)、操舵輪、舵取り車; [自動車の]ハンドル(cf. wheel舵輪).
      [参考]大型練習帆船・日本丸が帆走する場合には船橋の舵輪を使わず、船尾甲板にある舵輪が用いられる; 帆に強風を受け速力 を増すと舵が重くなり、舵板の向きを変えるのにより大きな人力を要するので、操舵員数を増やせるように舵輪はより大きく、 また2つ装備されている.
      /steering wire: 舵取り綱.
      /to make good steering: 巧みに操舵する.
      /watch steering: 操舵に注意する.

      /to stand helm watch: 操舵当直に立つ(あたる).
      /whipstaff: 操舵棒 [舵輪が発明される以前には、上甲板から舵板を操るための棒].

      [操舵号令・舵取り号令(steering order)用語の例示]
      Course again!: もとの針路へ.
      Ease the wheel!, Ease the helm!: 戻せ!
      Hard port!: 取り舵一杯.
      Hard starboard: 面舵一杯.
      Midship!, Helm midship!: 舵中央.
      Mind your rudder!: 舵に注意.
      Nothing [to the] starboard(port)!: 右(左)に曲げるな.
      Port!, Port wheel!: 取り舵.
      Starboard!, Starboard wheel!: 面舵.
      Starboard(Port) a little!, Starboard(Port) a'bit!: わずかに面舵(取り舵).
      Steady!, Steady so!, Steady as she goes!, Steady as you go!: 宜候(ようそろ).
      Steady a'port: ちょっと左にやって針路に戻せ.
      Steady a'starboard!: ちょっと右にやって針路に戻せ.



    A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | U | V | W | X | Y | Z
    このページのトップに戻る/Back to the top of this page



    souda-bou操舵棒: whipstaff [舵輪が発明される以前に用いられた操舵装置の一種; 上甲板から舵板を操るために用いられた棒].

    souda-gatsuo[魚]ソウダガツオ、宗太鰹: frigate mackerel [参考]サバ科の海水魚。マルソウダとヒラソウダの二種がある。 ともに全長約40cm.
    /frigate mackerels: ソウダガツオ類.

    soudain[海軍]操舵員(そうだいん): [参照]操舵手.

      /coxswain: [ボートの]舵手; 艇長.
      /helmsman: n.(pl. -men)舵取り、舵取り手、操舵員、操舵手、舵手(だしゅ)[小型艇の舵を操作・操縦する人](steersman, quartermaster) [西語: timonel].
      /quartermaster, quarter master, quarter-master: n.[海軍]操舵員(そうだいん)、操舵手(そうだしゅ)[主として当直に従事する甲板部員]、 舵取り [略: QM, Q.M.][1点(11o 15')の1/4以下の振れで船の針路を保持する者ということからこの用語が生まれたといわれる]; [米陸軍]補給係将校; 補給部隊員.
      /steersman: 舵手、操舵手(helmsman).
      /to cox, to con: 舵手を指揮する.

    soudaki操舵機: [参照]操舵装置.

    souda-rin[船の]操舵輪(そうだりん): steering wheel [舵をとるためのハンドル][画像参照: 操舵輪、操舵台、 舵機・操舵装置(南極観測船「宗谷」の操舵船橋の操舵室内)(z212.gif)].

    souda-shiki操舵指揮:

      /con, conn: 操舵指揮、操艦指揮; 操艦指揮者の位置(持ち場).
      /a conning tower: [軍艦・潜水艦の]司令塔; [潜水艦の]展望塔.
      /to conn: [海]vt.(conned, conning)[船・飛行機など]の操舵(そうだ)の指揮をとる、操舵(コース・針路)を指揮する: [参考] con: n.,vt.(-nn-)[海・空]=conn.
      /to con a ship: 船の操舵を指揮する.

    souda-shitsu操舵室:
    /pilot house, pilothouse: n.[海][上甲板にある]操舵(そうだ)室(wheelhouse, wheel house, steering house)、舵取り室.
    /rudder house: n.操舵室.
    /wheelhouse: n.(pl. -houses)[海]操舵(そうだ)室(pilothouse).

    soudashu操舵手(そうだしゅ): [参照]操舵員、舵手(だしゅ).

      /coxswain: [ボートの]舵手; 艇長.
      /helmsman: n.(pl. -men)舵取り、舵取り手、操舵員、操舵手、舵手(だしゅ)[小型艇の舵を操作・操縦する人](steersman, quartermaster) [西語: timonel].
      /quartermaster, quarter master, quarter-master: n.[海軍]操舵員(そうだいん)、操舵手(そうだしゅ)[主として当直に従事する 甲板部員]、舵取り [略: QM, Q.M.][1点(11o 15')の1/4以下の振れで船の針路を保持する者ということからこの 用語が生まれたといわれる]; [米陸軍]補給係将校; 補給部隊員.
      /steersman: n.(pl. -men)舵手、操舵手、舵取り[人](helmsman); [自動車の]運転手.
      /to cox, to con: 舵手を指揮する.
      /wheelman: n.(pl. -men)[海]操舵手、舵手(helmsman).
      /wheelsman: n.(pl. -men)=wheelman.

    souda-souchi操舵装置:

      /gyropilot, gyro pilot: n.自動操舵(そうだ)機、自動操舵装置、転輪儀(転輪羅針儀)自動操縦装置、ジャイロ・パイロット、 ジャイロによる自動操縦装置.
      /hydraulic steering gear: 液圧式[油圧式・水圧式などの]操舵装置、油圧舵取り装置.
      /rod steering gear: n.ロッド式操舵装置.

    souda-touchoku[海]操舵当直: helm watch.
    /to stand helm watch: 操舵当直に立つ(にある).

    soudou-sen[船]双胴船:

      /cat: n.[口語]双胴船(catamaran).
      /catamaran: n.[海]双胴船、双胴艇、カタマラン(cat)(cf. trimara); [東・西インド、南米などの沿岸で用いられる][丸太を 2、3本並べて縛った]筏(いかだ)、筏船(いかだぶね); 2連式小舟、2連の小船 [2隻の小舟を並べて、丸太・板を渡して縛り、 帆を張ったもの; この渡した板などの上に荷物などを乗せて運搬できる; これもcatamaranという]; 木材を結び合わせた筏、 丸太を2、3本結び合わせた筏.
      /a 54-foot sailing catamaran: 54フィートの帆かけ(帆装)双胴船(カタマラン)、双胴型帆船.
      /catamaran type vessel: 双胴船(cf. trimaran 三胴船、トリマラン).
      [英語] catamaran: a sailing boat with twin hulls, connected by crossbeams, developed from Polynesian craft.
      /twin hull: 双胴→ twin hull design: n.双胴の設計.

    sougakugai双殻貝(そうがくがい): [参照]二枚貝.


     望遠鏡(z734.jpg)
    sougankyou双眼鏡:

      /binocular: n.(通例~s)双眼鏡、両岸で見る器械 [双眼鏡、双眼顕微鏡など].
      /kenning-glass: n.小型双眼鏡.
      /telescope: n.望遠鏡 [画像参照][西語: catalejo(m.)].
      ・ an astronomical telescope: n.天体望遠鏡.
      /telescopic, telescopical (adj.).

    sougu装具:
    /apparel: n.[海][帆・マスト・錨などの]装具、艦船装具、船具; 衣装、着物、アパレル; 身なり、装い、 vt.[古語]艤装(ぎそう)する.

    sougu掻具(そうぐ):

      /nipper: n.[カニ・ザリガニなどの]はさみ; 挾具(そうぐ)[貝などを採る道具].
      /scrape: v.[船体の錆・付着貝・ペンキの古塗りなどを]落とす、こすり落とす、削り落とす、こすり取る.
      /scraper: n.掻具(そうぐ)、掻(か)く道具、スクレーパー [水底に生息する貝などを掻き起こして採る道具; 錆(さび)落とし用具、錆落とし金具、錆・付着貝・ペンキの古塗りなどを落とす用具]、錆掻き具 [参考] rake.
      /scraping: n.[錆などの]掻き落とし、削り落とし、削ること、こすること.
      /tong: n.→ tongs: n.pl.[時に単数扱い]物を挟(はさ)む道具・もの、挟具 [貝などを採る道具]; ヤットコ; 火ばし.

    sougyo[魚]ソウギョ草魚(そうぎょ): grass carp, Ctenopharyngodon idella Valenciennes [コイ科の淡水魚].
    /Chinese carp: n.[魚]ソウギョ(そう魚)・れん魚の類.
    /grass fish: [魚]草魚.

    sou-gyokaku-kanouryou総漁獲可能量、総漁獲許容量: total allowable catch [略: TAC].

    sougyou操業:

      /fishing operation: n.操業、漁労活動.
      /fishing operations in international waters: 国際水域での操業・漁労活動.
      /haul: n.強く引くこと、たぐり; 運搬[量・距離・物]; [一網の]漁獲[量・高]; [巻き網・引き網などでの]一網(ひとあみ)、 一巻き、一操業(draught of fish, draft of fish)(→ set); 地引き、網引き; 地引き場、網引き場.
      ・ at a haul: 一網で、一巻きで、一操業で.
      /under way: [海][船が]航行中、航行中で(=under weigh)[船・水上機などが、停泊・係留・乗り上げではない状態にある]、 [漁船などの]操業中; [事業などが]進行中で(in progress)→ to get under way: 出航する.
      [参考]underway: adj.航行(航海・進行・旅行)中の(cf. under way)[船舶が係留、錨泊(びょうはく)、乗揚などでない状態].
      /under way: =under weigh.

    sougyou-kyoka操業許可[証]:
    /a fishing license; [a certificate of] fishing permit: 操業許可[証]、漁業許可[証].
    /a licensing agreement with Britain to fish in the Malvinas area: [アルゼンチン南部沖合の]マルビナス水域での英国 との操業許可協定(入漁協定).
    /to issue a fishing license: 操業(漁業)許可証を発行(発給)する.

    souhachi[魚]ソウハチ: pointhead flounder/sohachi flounder: [魚]ソウハチガレイ.

    souhan総帆(そうはん): [参照]満帆.

      /ahull: 総帆をたたみ舵を風下に取る.
      /all in the wind: [帆が風向と一線になって]総帆が風にはためく [帆船の船首が風向に接近し過ぎて、総帆が風を はらまずに、バタバタする状態をいう].
      /All sails up!: 総帆上げ!.
      /ataunt [atauntoとも綴る]: [海]すべての帆を張って、万事準備完了(with all sails set)、万事OKで(all ataunt, all ataunto) [西語](adv.)con todas las velas; a toda vela, a velas tendidas.
      /at full sails(or sail): 帆を全部揚げて、全速力で(at full speed).
      /crack: → to crack on: [海]総帆を張る、総ての帆を張る、総帆をさっと揚げて快走する、総帆を急いで張る、 総帆を張って快走する.
      /crowd of sail, press of sail: [状況の許す限り(風の許す限り)揚げた(張った)] たくさんの(多くの・多数の)帆; 多数の帆船.
      /full and by: 全帆一杯に風をはらみ詰め開き[の状態で]、一杯開き、詰め開き(close hauled)、総帆に風を受けて、 できるだけ風に向かって、詰め開きで(=full and bye).
      /a full-rigged ship: 全装帆船.
      /full sail: 総帆[を展じて・を張って]、風を一杯にはらんだ帆.
      /full-sailed: adj.総帆を揚げた、総帆を展張した、総帆展帆(そうはんてんぱん); [帆に]風を一杯はらんだ.
      /in full sail: 帆に風をはらませて; 総帆を揚げて、総帆を張って、全部の帆を揚げて; 全速力で.
      /in sail: 帆を揚げて、帆を張って; 帆船に乗って.
      /top and top-gallant, top and topgallant: [海]帆を全部揚げて; 全速力で.
      /to carry on: [海][危険なほど]帆を全部張って航行する; …を営む、経営する、管理する(manage); …を続ける.
      /to crowd off: 帆を増して岸を離れる.
      /to crowd on sail, to crowd sail: [海][風力の]許す限り(できるだけ)たくさんの帆を張る(揚げる・帆を増す)、満帆を揚げる、 あるだけ帆を張り詰める、総帆を張る(揚げる)、帆を一杯に張る.
      /to pack on all sails: [海]満帆を張る、総帆を張る.
      /under bare poles: 全帆を巻き収めて.
      /under easy sail: 帆を一杯に張らないで.
      /under full sail: 総帆を揚げて、総帆を張って; 全力航行中で→ under sail: 帆を揚げて; 航行中で、帆走中で.
      /with all sails set: 帆を全部張って.
      [文例] HMAV Bounty sailed for the West Indies on 4 April, 1789. Some of the crew mutinied. Lieutenant Bligh, with eighteen seamen, was set adrift in an open boat and Bounty, with the mutineers led by Fletcher Christian, sailed off to find a safe refuge.

    souhan操帆(そうはん): [語例]操帆手.

      /sail: n.[船の]帆、セール[風を受けて前進力を得るために、マストなどに取り付けられる帆布]; (the ~)[集合的][ある船の]帆 [集合的に、一部または全部]; 船、(通例pl.)[特に]帆船(=sailing ship); [普通数詞を伴って; 集合的に用いて]船、船舶、…隻; [~s, (sg.)][英国史]掌帆長; [~s, (sg.)][海俗語]帆製作(修理)者; [the S~][天]帆座(Vela); [通例sg.で用いて]帆走、[帆船による]航海、航行; 回遊; 船旅; 航程(voyage); 帆形のもの、 帆のようなもの; [特に]風車の翼板(→ the sails of a windmill: 風車の翼); [潜水艦の]展望塔、司令塔; [魚][バショウカジキ(sailfish)などの][帆状の]背鰭(fin); [オウムガイなどの]触腕、触手(tentacle).
      /sail drill: [帆船での]展帆訓練、操帆訓練.
      /to back and fill: [海][風が潮流と反対の時、狭い海峡などで] 帆を巧みにあやつって前進する、 [追潮の時、狭い瀬戸などを風上に向かって] 帆を巧みに操って(巧みに操帆して)潮流に流されるようにして進む、 [狭い瀬戸を風上に帆を操りながら] 順潮をうまく利用して進む、[狭い水路で逆風の中を] 帆を操って潮流に従って進む.

    souhyou叢氷(そうひょう): pack ice [浮氷が集まり凍り固まった状態のもの].

      /ice pack: n.大浮氷群(pack ice)、叢氷(そうひょう); 氷嚢(ひょうのう)(ice bag).
      /open pack: n.開氷(かいひょう)、粗群氷 [航行可能な狭い水路が残されている叢氷].
      /pack ice: n.群氷、パックアイス [氷盤・氷岩などの群集したもの]、叢氷(そうひょう)[浮氷が集まり凍りついた状態]、堆氷.
      [参考] pack ice: 海水が凍ってできたpancake iceがさらに寄り集まって結氷し、海面を覆って氷原をなしているもの.
      [英語] pack ice: The layer of ice floating on the sea, formed when the sea freezes, which constantly breaks up and becomes "packed" together again.
      /pack ice line: n.パックアイス(pack ice)の外縁.

    souigaku層位学: → stratigraphy: n.層位学、層序学[地質学の一部門]/adj. stratigraphic.

    souin総員:

      /All aboard!: 総員乗船!、総員乗艇!、全員乗船!、乗船(乗車)して下さい; 発車オーライ!、出発進行!.
      /hand: n.乗組員(crewman)、乗員; 手; [働く人として見た場合の]手、人手、働き手、労力、労働者(worker); 人員; 技量、腕前、 vt.…を渡す、手渡しする; [海][帆・旗など]を巻き上げる、畳む(furl).
      /all hands: [船などの]全乗組員、乗組員全員、乗組総員; 総員、全員.
      ・ to call all hands on deck: 総員起こしをかける、総員を甲板に呼ぶ.
      /All hands!, All hands ahoy!: [仏語: tout le monde en haut]総員甲板へ! [英語]The call by which all hands are ordered on deck whether it be, as in a ship, to execute some necessary change, or, as with fishermen, to haul a net.
      /All hands on deck!: 総員起こし、総員上へ!、総員甲板へ(に)!、総員上甲板へ!、総員甲板へ集合せよ! [全員を甲板上に集める ための号令].
      /All hands to the pump(s): 全員(総員)総力を挙げて奮闘せよ.
      /tumble up: [海]急いでデッキに集まる.
      /The steamboat was lost with all hands.: その汽船は乗組員もろとも沈没した・藻屑と消えた.

    souji掃除:

      /careen: vt.[海][船底修理・掃除などのため][船]を傾ける; [傾けて][船]を修理(清掃・掃除)する、vi.[船が] [帆走中などに]傾く; [海]船を傾けて修理(掃除・清掃)する.
      n.傾船、[船を]傾けること; 傾船修理、傾船手入れ、傾けて修理(掃除)すること.
      ・ on the careen: [船が]傾いて(傾けられて)、傾斜して.
      /careenage: 傾船; 傾船修理費、傾船修理費所.

    souji-doubutsu掃除動物:

      /scavenger: n.[生態]腐食動物 [カニ・ハゲタカ・アリなど]、掃除(そうじ)動物、清掃生物 [Animals that feed on dead organic matter]; 屑拾い[人]; 廃品回収業者、有価物回収者; [元素の]捕集剤.
      [参考]腐食動物: scavenger [参考]生物の死体(屍体)、排せつ物(腐肉・腐敗物)などを食べる動物。腐食動物は通俗的には掃除屋(スカベン ジャ)と呼ばれる.
      /scavenging: n.掃除すること.

    soujitsusei走日性(そうじつせい): heliotaxis(cf. phototaxis).

    soujou-no[地質]層状の、層を成している: stratiform.

    soujuu操縦: [参照]操船、操舵(steer).

      /a good(poor) seaman: 船の操縦のうまい(まずい・へたな)人.
      /hampered vessel: 操縦困難船.
      /handy: adj.(handier, handiest)[海][船などが]操縦しやすい; 手頃な、便利な(convenient)、扱いやすい、使いやすい.
      /a handy ship: 操縦しやすい船.
      /maneuver, manoeuver, [英国]manoeuvre: n.操船、操縦; (pl.)大演習; 運航; [軍艦・軍隊などの]戦略的な行動、機動.
      v.操船する、操縦する; 演習する; 運航する、vt.[軍艦・軍隊を]戦略的に動かす、機動させる.
      /maneuverability, [英国]manoeuvrability: n.操縦性、機動性; 操縦できること [西語] maniobrabilidad.
      /manipulate: vt.,vi.操縦(操作)する、巧みに手で扱う/manipulation: 操作、操縦、巧みな取り扱い.
      /manipulator: n.マニピュレーター、操縦者、手で巧みに扱う人.
      /navigate: vt.[船・航空機を]操縦する、操船する; [船・航空機]の位置を確かめて進路を決める; [海・川・空中を]航行する、 航海する.
      /sail: vt.[文語][船・人などが][海を]渡る、航海する、航行する; [船・ヨット]を[船で]走らせる、航行させる; [帆船など]を操縦する; [おもちゃの船などを]浮かべる.
      vi.(sailed, sailing)[船・人が]帆走する、帆で走る; 船で行く、航行する、航海する(cruise); [船が]出帆(しゅっぱん)(出航) する、[人が]船で旅立つ; 船を操る; [魚・水鳥が]泳ぎ進む、[水面・水中を]滑るように進む(glide).
      /seamanlike: adj.船乗り(水兵)らしい(seamanly); 船の操縦がうまい(skillful in navigating).
      /seamanly: adj.=seamanlike.
      /steerable: adj.[船などの]舵が効く、舵が取れる、操縦できる.
      /steerability: n.舵きき、舵効き、操縦性能、舵効(だこう)/steer-ability: n.舵効.
      /steerage: n.操舵(そうだ)[術・法]、舵縦(だじゅう)[術・法]、操縦[法]; 舵効(だこう)、舵きき、操縦性; 船尾、とも(stern); [古語]三等船室(客室)、下級船客室; [古][軍艦の]下級士官室; 客室兼用中甲板; [軍艦]士官吊り床吊り場.
      adv.[副詞的用法]三等で→ to go(travel) steerage: [海]三等船客として(三等で)旅行する.
      ・ to go with easy steerage: 舵がとりやすい、操縦が楽である.
      /to manage: vt.…を操縦する(→ 操船する)、操る.
      /to manage a boat: ボートを操縦する.
      /to manage an oar: 櫂(かい)を操る.
      /to make good weather: [船が]暴風雨に際し操縦などうまく処理する(→ to make bad weather).
      /yar: adj.[船が]操縦しやすい(yare); すばやい.
      /yare: adj.(yarer, yarest)[船などが]扱いやすい(=yar)、操縦しやすい; 迅速な、敏捷(びんしょう)な.

    soujuushi操縦士: → First Class Small Vessel Operator: 一級小型船舶操縦士.

    soujuu-sei操縦性:
    /hampered vessel: 操縦困難船.
    /handy: adj.[海]操縦しやすい; 手ごろな、便利な; 使いやすい: .
    /maneuverability, manoeuverability: 操縦性 [操舵や推進器の制御に対応する船の運動性能].

    soukai藻海(そうかい):
    /Sargasso Sea: n.(the~)藻海 [北大西洋の一海域で、西インド諸島の北東部に位置する、北緯20-25度、西経19-47度の広い海域; 海面は穏やかで海藻が多く漂う].

    soukai-kaiyuu走海回遊: [参照]降河性.

    soukai-suru掃海する:

      /oropesa: n.掃海装置の一種.
      /sweeping: n.掃海.
      /to sweep: v.掃海する [鋼索・鎖・電線などを曳航し、浮遊、半没、あるいは水没している物体を探索すること].
      /to sweep with sonar in a grid pattern across the target area: 格子状に<沈船の>目標海域をソナーで掃海(探索)する.
      /unsweepable: adj.[機雷が]爆破処理できない、掃海できない.

    soukan総観(そうかん):

      /synoptic, synoptical: adj.概要の、大要の; (しばしばS-)共観の.
      /synoptic chart: n.総観図; 気象一覧図、気象共観図.
      /synoptic oceanographic chart: n.総観海洋図.
      /synoptic oceanography: n.総観海洋学、海況学.
      /synoptic wave chart: 総観波浪図.

    soukan操艦: [参照]操船.

    soukeichuu双係柱(そうけいちゅう): bollard.
    /double bit: n.双係柱、双繋柱.

    souki送気: → breather: n.[水夫などへ]空気を送る装置、送気装置; 息継ぎ; 通気孔.

    soukichou操機長(そうきちょう):

      /number one oiler, No.1 oiler: n.操機長(そうきちょう)、ナンバン[機関部員のなかで最上位の者; ナンバン とも呼ばれる(英語のナンバー・ワン・オイラー(number one oiler)の省略形)]、首席油差し、油差長.
      /number two oiler: 二等操機士.
      /oiler: 操機長、オイラー.

    souki-rui[魚]総鰭類(そうきるい):

      /crossopterygian: n.[魚]総鰭類(Crossopterygii)の魚、adj.[魚]総鰭類(Crossopterygii)の.
      /lobe-fin, lobe-finned fish: [魚]総鰭(き)亜綱の各種の魚.
      [参考]硬骨魚は、腕鰭類、総鰭類、肺魚類、条鰭類の4亜科に分れる。総鰭類は、扇鰭類と管椎類(シーラカンス)に別れ、前者は 魚類時代といわれるデボン紀に栄えた淡水魚で、両生類への祖先となったものである.

    soukishi操機士: [参照]操機手.

    soukishu操機手(そうきしゅ): oiler [主として当直に従事する機関部員] [参照]操機長、ナンバン.

      /number one oiler, No.1oiler: n.操機長(そうきちょう)、ナンバン[機関部員のなかで最上位の者; ナンバン とも呼ばれる(英語のナンバー・ワン・オイラー(number one oiler)の省略形)]、首席油差し、油差長.
      /number two oiler: 二等操機士.
      /oiler: 操機長、オイラー.

    souko倉庫:

      /boatswain's store: 甲板長倉庫; 甲板部倉庫.
      /glory hole: n.[俗語]がらくたの部屋、がらくたをしまっておく引き出し・戸棚; [俗語]船尾中甲板の乗組員室・食糧倉庫.
      /godown: n.[インド・東アジアなどの東洋方面での]倉庫; 土蔵 [文例]The Indonesian Maritime Museum located in Jakarta is housed in an old Tutch godown.
      /storekeeper: n.倉庫番、倉庫管理人、ストーキー.
      /store man: n.庫手、ストーキー(=storekeeper).
      /storekeeper: n.庫手、倉庫番、倉庫管理人、ストーキー.
      /under deck cargo: n.[甲板積みの貨物に対して]艙内貨物.
      /warehouse: n.倉庫.

    souko-sen[船]倉庫船、廃船: hulk.

    soukou[海]倉口、艙口(そうこう): a hatch, a hatchway [貨物の積み卸しのため、船倉に設けられた長方形の開口]

      /after hatch: 後部艙口.
      /batten: n.[海]帆桁; [海]当て木(あてぎ)、バッテン; [防水戸などに張る補強用の]当て木、小角材; 小割り[板][床に 張るもの]、床張り板; 造船用たわみ定規.
      vt.[海][ハッチなど]に当て木を打ち付ける; …に小割り板を張る、桟(さん)を取り付ける; [一般に]難局などに備える.
      vi.[小割り板を張って]安全対策を打つ.
      ・ batten bar: 倉口蓋(がい)止め、バッテン・バー、綱平板のおさえ[艙口覆い(ターポリン tarpaulin)は、ハッチコーミング(hatch coaming)の縁沿いで このバッテン・バーという綱平板の押さえによって押さえつけられ、水密性を保持している].
      ・ hatch batten: ハッチ・バッテン.
      ・ to batten down: 船倉口を当て木で止める→ to batten down the hatches: [暴風雨・火災などの時にその船の] 艙口(ハッチ) を当て木(バッテン)で閉(とざ)す・密閉する.
      /booby hatch: n.[海][木製の]艙口蓋(そうこうがい); [海]えぼし形ハッチ、えぼし形艙口蓋 [甲板から乗組室へ通じる 小型ハッチウェイで、メインハッチを通らなくても船内に通じる](companion hatch).
      /cargo hatchway: 艙口、倉口、カーゴ・ハッチ.
      /fore hatch: 前部艙口.

      hatch: n.[海][船の甲板にある]艙口(そうこう)、倉口(そうこう)、船倉口; ハッチ、昇降口(しょうこうぐち) (=hatchway); [海][甲板の]昇降口(艙口・ハッチ)の蓋、艙口の覆い(hatch cover; trap door); 船の甲板を形成するはめ板; 水門の扉;  簗(やな)のふた; ハッチ、半戸、くぐり門(wicket); 床窓、天井窓.
      /hatch awning: 艙口(倉口)天幕、ハッチ・オーニング.
      /hatch batten: n.艙口帯金、艙口止め具、ハッチ・バッテン[ハッチの覆いであるターポリン(tarpaulin)の押さえ].
      /hatch beam: 艙口梁.
      /hatch board: n.艙口蓋、ハッチ・ボード.
      /hatch boat; hatch-boat: n.甲板全体が艙口の荷船、上甲板の大部分に艙口のある船; 半甲板の漁船; [米国]蓋付きの生け簀を もつ小漁船.
      /hatch cargo list: 艙口別揚げ荷明細書.
      /hatch carline, hatch carling: n.倉口縦梁、ハッチ・カーリン.
      /hatch cleat: n.[倉口の]倉口受け、艙口クリート、帯金承、艙口止め金受け [船艙の覆布を押さえる棒を止めるための金具].
      /hatch coaming: n.[船]倉口縁材、艙口縁材(えんざい)、船艙縁材、ハッチ防水縁材、ハッチ・コーミング[上甲板上にあって暴露部倉口の最上部の強度を補い、水密を高めるためにその周囲に 設けられた縁材] [西語: brazola de escotilla].
      [参考] coaming: (通例~s)防水縁材 [浸水を防ぐために、甲板昇降口や屋根・床などの開口の周囲に取り付けた縁].
      /hatch cover: n.倉口蓋・艙口蓋(そうこうがい)、倉口カバー、ハッチ・カバー [船倉入口を閉鎖する設備] [西語: tapa de escotilla].
      /hatch deck: 昇降口覆い、艙口覆い.
      /hatch grating: 艙口格子、艙口格子蓋、ハッチ格子 [参考1] grating: n.[海][昇降口の]格子蓋(ぶた); [ボートの底に敷く] すのこ; [窓などの]格子; [窓の]鉄格子、[参考2] grate: [窓の]鉄格子(grating).
      /hatch list: 艙口申告書、艙口別揚げ荷明細表(→ hatch cargo list).
      /hatch officer: 船倉担当士官 /hatch opening: 艙口、ハッチ口.
      /hatch plan: 積み付け図、積付図(→ stowage plan); [税関への]艙口別申告書.
      /hatch survey: 艙口検査.
      /hatch tarpaulin: n.艙口覆布、ハッチ・ターポリン、ハッチの覆い.
      /hatch tender, hatch man 艙口荷役監督(=deck man).
      /hatchway: n.[海][船の]艙口、倉口、昇降口(しょうこうぐち)(hatch)、ハッチ [西語: escotilla].
      /main hatch: 大艙口.
      /under hatches: [海]甲板下に(below deck).

      /port: n.[海][船の]荷役口、載貨門; 艙口; [海]舷窓(porthole)、丸窓 [もとは大砲を発射するために舷側に設けた穴]; [飛行機の]丸窓; [海軍][昔の軍艦の]砲門; [載貨門・舷窓の]扉(とびら) [参考] porthole.
      ・ cargo port: n.載貨門.
      /shifting beam: ハッチ・ビーム; 倉口仕切り梁; 倉口ビーム; 取り外し梁.
      /trunk hatch [way]: n.囲壁倉口; トランク・ハッチ[ウェイ][上下両甲板の倉口を甲板間で張り詰めて筒形にしたもの].



    A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | U | V | W | X | Y | Z
    このページのトップに戻る/Back to the top of this page



    soukou装甲:

      /armor, armour: n.[動植物の]防護器官 [魚の鱗(うろこ)など](armament); [軍艦・戦車などの]装甲用鋼鉄板、装甲板、 甲鉄、装甲; 外装; 潜水服、防護服、[一般的に]防護・保護するもの; 鎧かぶと、具足.
      /armor-clad, [英国] armour-clad: adj.よろいを付けた、armorを着た; 装甲した、装甲の、n.装甲艦.
      /armor-clad ship: 装甲艦.
      /armored, amoured: adj.装甲した、よろいを着た; 外装の、外装を施した.
      /armor plate, armor plating: n.[軍艦・戦車などの]装甲板、装甲用鋼鉄板.
      /amoured cable: 外装ケーブル [表面が強固に被覆され保護されたワイヤロープなど]; 鎧装電纜(がいそうでんらん).
      /amoured ship: 装甲艦.
      /cuirass: n.[船・軍艦の]装甲、装甲鉄板(=armour plating); 胴甲、胴よろい [胸当て(breastplate)と背中当て (backplate)からなる]; [動]保護板、防護板、vt.[船など]に装甲する.
      /plate armor([英国]armour): n.[軍艦などの]甲鉄板、装甲板.
      /unarmored, [英国] unarmoured: adj.[船などが]非装甲の.

    soukou-ban装甲板: an armor plate; a cuirass; [集合的] armor plating.

      /belt: n.[軍][軍艦の喫水線付近にめぐらした] 装甲板、装甲帯; ベルト、バンド、帯; [機]ベルト; [植生・気温・ 地形などで特徴づけられた] 地帯; [ある地域の] 周辺地帯(領域); 海峡、水道(strait).
      /belted: adj.ベルトをつけた; [軍艦などが]装甲帯を着けた.
      ・ a belted cruiser: 装甲巡洋艦.

    soukou-dansou[地質]走向断層: strike fault.

    soukou-enzai倉口縁材(えんざい): hatch coaming [上甲板上にあって暴露部倉口の最上部の強度を補い、水密を高める ためにその周囲に設けられた縁材].

    soukoukan[船]装甲艦(そうこうかん): an armored ship, a cuirassed ship.

    soukousaku[海]操桁索(そうこうさく):

      /brace: n.[海]ブレース、転桁索(てんこうさく)、操桁索(そうこうさく)、帆桁索; 締め金、止め金(clasp)、かすがい(clamp); 支柱、突っ張り(stay, prop).
      vt.[海][帆・帆桁]をブレースで回す、操桁索で回す(動かす)[about, around]、[帆]の向きを変える; …を止め金 (かすがい)で締める; …を支える、…に突っ張りをする.
      [参考]転桁索、ブレース: (1)帆桁(ほげた)・ヤードの一端に取り付けられたロープで、帆の向きを変えるのに用いられる; 帆桁を 回す綱; ヤード(ヤーダム)の一端に結びつけ、他端を後方の甲板上に導き(あるいは、他端をマストを通じて甲板上に導き)、ヤードを旋回・ 支持するための動索・転桁索; 横帆船のヤードを回す綱.
      (2)横帆船で帆桁(ヤード)の両端から甲板に向けて張られたロープ・索(帆桁の端に取り付けられる)で、 帆桁(ヤード)・帆の向きを変更・調整するために用いられる索具; 基本的には、帆が風をできる限り捕捉し、帆の揚力・船の 推進力を高めるために用いられる.

    soukousei走光性(そうこうせい):
    /phototaxis: n.走光性、趨光性(すうこうせい) [動物・植物が光線の刺激作用によって運動を起こす性質].

    soukousen装甲船: ironcrad [19世紀半ばの軍艦; 当初にあっては、木造の船体に鉄板で装甲が施されていた].

    soukyokusen双曲線: hyperbolic line [2つの目標物からの距離の差が一定となる点を結んでできる軌跡].

    soukyokusen-kouhou-houshiki双曲線航法方式: hyperbolic navigation system [参考]2局から送信される電波により、 その2局から観測者までの距離差を時間差などで測定して、位置を決定する方法.
    /hyperbolic navigation [system]: n.双曲線航法.
    /Loran: 双曲線航法計器(ロラン) [long-range navigationの略].

    sounai-kakuheki倉内隔壁: hold bulkhead [船倉内に設けられた隔壁].

    sounan[船舶・航空機などの]遭難:

      /distress: n.[船舶・航空機の]遭難、難船(→ shipwreck); 危難(きなん).
      ・ in distress: [船が]遭難して(遭難した); 難船して(難船した)→ a ship in distress: 難破船、遭難船 [遭難した船舶].
      /distress call: 遭難呼び出し[S.O.S.(SOS)など]; 遭難連絡、救難連絡.
      /distress flag: 遭難信号旗[NC].
      /distress gun: [海]遭難号砲、遭難信号砲.
      /distress message: 遭難通報.
      /distress rocket: [海]遭難信号花火.
      /a distress signal; a signal of distress: [海・空]遭難(難船)信号 [国際信号旗のN、Cの2旗で示す; 遭難船が緊急事態を告げ、救助を求める国際信号。 SOSなど].
      /a flag of distress: [船の]遭難信号旗.
      /Global Maritime Distress and Safety System: 全世界的な海上における遭難・安全制度、世界海上遭難安全制度[略: GMDSS] [総合的な海難救助システム].
      /a shot of distress: 遭難号砲.

    sounetsu-sei[生]走熱性(そうねつせい):
    /thermotaxis: n.[生]走熱性(そうねつせい)、趨熱性(すうねつせい).

    souren操練(そうれん): drill [部署に備えて行う訓練].

      /boat drill: [海]救命ボート訓練、端艇(ボート)操練、ボート訓練 [船客・乗組員らが遭難時緊急退避を円滑になしうるよう救命艇を降ろし使用する 訓練].
      /drill: n.訓練、操練; 錐、きり.
      /drill ship: 練習船.
      /lifeboat, life-boat, life boat: n.救助艇、救難船; 救命艇、救命ボート [略: L.B.][船の遭難時に人命救助する 目的で船上に設備された小艇; 予備浮力を確保するため内部に水密タンクをもつものがある][画像: 客船「Oriana」号の救命ボート].
      ・ life boat [station] drill, lifeboat station drill: 短艇操練.
      ・ lifeboat station table(bill): 総員短艇部署表、救命艇部署表[救命艇における配置割り].
      /to exercise(execute, practise) drill: 操練を行なう.

    souri-kyousei相利共生(そうりきょうせい):
    /mutualism: n.[生]相利共生 [関連する2つの異なる生き物が相互に扶助し合うこと](cf. symbiosis).

    sourui[植]藻類(そうるい): algae; seaweeds; waterweeds.

      /alga: n.(pl. -gae, -s)[植]藻類に属する植物、藻(も); [pl.(通例-gae)]藻類(そうるい); 海藻(sea weed)、 海藻類(sea algae).
      ・ harmful algae: 有害な藻類.
      ・ marine algae: pl.海藻(seaweeds).
      /algal: adj.藻の[ような]、藻類の[ような]; 海藻の.
      /algal bed: 藻場(→ seaweed bed).
      /algal bloom: 藻類の増殖、藻類異常発生.
      /algal reef: 藻礁.
      /alginic: → alginic acid: [化]アルギン酸[褐藻から採るゲル状物質].
      /algoid: adj.藻のような性質(形状)の、藻様の、藻類(そうるい)に似た; 海藻類状の(→ alga).
      /algological: adj藻類学[上]の.
      /algologically: adv.藻類学的に.
      /algologist: 藻類学者.
      /algology: n.藻類学、藻類研究(=phycology)(cf. alga).
      /algous: adj.海藻の、藻の[ような]; 海藻の茂った、藻で一杯の.
      /phyc, phyco-: comb. form.「海藻」、「藻類」の意味
      /phyceae: n.pl.comb. form「藻類」の意味.
      /phycology: 藻類学.
      /water bloom, water-bloom: n.水面[近く]に繁茂(はんも)した藻類、アオコ(青粉) [淡水の養魚池、金魚鉢などに生じる、 水を緑青色に変化させる微小藻類]、水の華(はな).
      "water bloom"とは、富栄養化した淡水域などにおいてプランクトンが大繁殖する現象で、水が緑色を呈する.

    souryou-kisei[排出の]総量規制: total-load control; total discharge amount control/water-pollution total-load control: 水質汚染の総量規制.

    souryuu層流(そうりゅう):

      /laminar: adj.薄層(薄板、薄片)から成る; 薄層を成す、薄層状の(→laminated).
      /laminar boundary layer: 層流境界層.
      /laminar flow: [海]層流、層運動.
      /laminar sub-layer: 層流底層.

    souryuu掃流: traction.

    sousa操作: [参照]操縦.

    sousa捜査:
    /overhaul: vt.[海][船の索・索具などを]ゆるめる、索をゆるめて<滑車を>離れさせる; [機械など]を分解検査(分解修理)する、 オーバーホールする; [船内など]を徹底的に調査(捜索)する.

    sousa走査: scan.
    /forward and side-scan sonar: フォワード・アンド・サイドスキャン・ソナー.
    /scanning: 走査[すること].
    /to scan: v.[映像]を走査する.

    sousai-rui[魚]総鰓類(そうさいるい): Lophobranchii.
    /lophobranch: n.冠鰓類(かんさいるい) [タツノオトシゴなど].
    /lophobranchiate: n.[魚]総鰓類の魚 [タツノオトシゴなど]、adj.総鰓類の.

    sousaku捜索:

      search: n.捜すこと、捜索、探索[for, of …]; [交戦国による中立国船舶に対する]臨検; [捜索権による船舶の;  権利に基づく]捜索; 追求[for, of …]; 調査、vt.…を捜索する、捜す、探索する、vi.捜す; 調査する.
      /A search-and-rescue team is on 24-hour call.: 捜索救助隊は24時間待機です.
      /search for a missing fisherman: 行方不明の漁師の捜索.
      /the right of search: n.[the ~][国際法]捜索権 [交戦国が公海上で中立国の船舶に対して行使する] [参考]公海上で交戦国が中立国の船を 停止させて積荷を取り調べできる権利; 平時における密輸などを取り調べできる権利.
      /to make a search for sunken(undersea) treasures: 沈んだ(海中の)宝物を捜す(探索する・捜索する).
      /to search a ship: 船を臨検する.
      /to search the ship: その船を臨検する、その船内を捜査する.

      /searcher: n.捜索者、検査・調査者(官); 税関検査官、船舶検査官; 大砲検査器.

    sousaku-ken捜索権:
    /right of search: n.[the ~][国際法]捜索権 [交戦国の公海上の中立国船舶に対する] [参考]公海上で交戦国が中立国の船を 停止させて積荷を取り調べできる権利; 平時における密輸などを取り調べできる権利.

    sousaku-kyuujo捜索救助: search and rescue; S & R, SAR. [参照]要救助海難(rescue-required distress).
    /National Search and Rescue Plan: n.[米国]国家捜索救助計画/SAR(Search & Rescue)条約.

    souseki-un[気]層積雲: roll cumulus(pl. -uli), roll-cumulus, stratocumulus [大気の下層に形成される、畝(うね)状に並ぶ雲].
    /stratocumulus: n.[気]層積雲、くもり雲、うね雲 [暗色で大きな塊りが層状に集まる、または長いうねになって層状に集まる;  中層雲の一つ][略: Sc].
    /whaleback cloud: n.[気象]レンズ雲 [レンズ状の層積雲(lenticularis, [略]Lent.)の俗称].

    sousen操船: ship handling [舵、推進器、帆などを使って船を操ること] [参照]操舵(steer)、操縦.

      /berth: 
      (1)[海][船の]停泊所、錨地(びょうち); 停泊(係留)位置、係留・繋留位置、錨泊位置、係船位置; [造船所の]船台;
      (2)[海]停泊(係留・操船)距離(間隔)[安全のために他の船または陸との間に保つ間隔]; [海]操船余地; [海]停泊余地;
      vt.…に寝台(寝室)を与える; [船]を停泊させる; [船]に適当な停泊位置を与える、vi.停泊する.
      /a berthing area: 停泊(錨泊・操船)に供される海域.
      /boat handling: ボート(小舟・小船)の操縦(運用、扱い)、ボートさばき、操船.
      /con, conn: n.[海・空] 操舵(操艦)指揮[操舵または操舵当直者を指揮すること]、操船(操艦)指揮; 操舵(操艦)指揮者の位置(持ち場).
      vt.(-nn-)[船・飛行機などの] 操舵(コース・針路)を指揮する、舵取り・舵手(だしゅ)を指揮する、操舵の指揮をとる.
      ・ a conning tower: [軍艦の] 司令塔; [潜水艦の] 展望塔.
      /in irons: [海][帆船が帆と風向きの関係で] 操船不能になって、帆船が風上に船首を向けて回頭不能の状態にあること; [船が]金縛り状態で; 足かせ(手かせ)をはめられて.
      /navigate: vt.[船・航空機を]操縦する、操船する; [船・航空機]の位置を確かめて進路を決める; [海・川・空中を]航行する、 航海する.
      /sail: vt.[文語][船・人などが][海を]渡る、航海する、航行する; [船・ヨット]を[船で]走らせる、航行させる; [帆船など]を操縦する; [おもちゃの船などを]浮かべる.
      vi.(sailed, sailing)[船・人が]帆走する、帆で走る; 船で行く、航行する、航海する(cruise); [船が]出帆(しゅっぱん)(出航) する、[人が]船で旅立つ; 船を操る; [魚・水鳥が]泳ぎ進む、[水面・水中を]滑るように進む(glide).
      /seamanship: n.[船舶の]運用術、運用学、操船術、船舶操縦術.
      /sea room: n.[海]操船余地 [船を操縦するのに十分な水面]; 十分な活動余地、自由な活動機会.
      /to handle a ship: 操船する.
      /watercraft: n.水上技術[操艇など]、操船術、操艇術; 水上競技の技術[水泳など]; 船; [集合的]船舶.

    sousen-funou操船不能:
    /in irons: [海][帆船が帆と風向きの関係で] 操船不能になって、帆船が風上に船首を向けて回頭不能の状態にあること; [船が]金縛り状態で; 足かせ(手かせ)をはめられて.

    sousen-shingou操船信号:
    /con: 操船指揮.
    /manoeuvring light: 操船信号灯 [操船信号に用いる灯火].
    /manoeuvring signal: 操船信号 [右転・左転あるいは機関後進などの状態にあることを他船に伝えるための信号].

    sousetsu-seishu双節セイシュ(そうせつ-): binodal seishe.

    soushi-hagi[魚]ソウシハギ:
    /scrawled filefish: n.[魚]ソウシハギ、ホシナミハギ(→ scribbled leatherjacket).
    /scribbled leatherjacket: n.[魚]ソウシハギ、ホシナミハギ(→ scrawled filefish).

    soushi-izariuo[魚]ソウシイザリウオ: shaggy angler.
    /shaggy fishing-frog: n.[魚]ソウシイザリウオ.
    /zebra angler-fish: n.[魚]ソウシイザリウオ.

    soushi-rui総鰭類(そうしるい): → [参考]硬骨魚: 腕鰭類(わんしるい)、総鰭類(そうしるい)、肺魚類、条鰭類 (じょうしるい)の4亜科に分かれる。総鰭類は、扇鰭類(せんしるい)と管椎類(シーラカンス)に分かれる。前者は魚類時代と いわれるデボン紀に栄えた淡水魚で、両生類への祖先となったもの.

    soushokuki[特に船の]装飾旗:
    /bunting: n.[総称・集合的][祝祭日などに街路などを飾る]旗類(flags)、まん幕、[特に船を飾る]装飾旗; [綿などの]旗布、 旗・まん幕用の切地 [参照] colours, ensign, flag.

    soushokusei[動]草食性:

      /herbivore: n.草食動物、草食魚、草食獣(cf. carnivore) [英語] herbivore: An animal that feeds only on plants.
      [文例] Herbivorous zooplankton are the primary consumers or grazers of phytoplankton.: 草食性プランクトンは植物プラン クトンの一次消費者あるいは草食をする動物(グレーザー)である.
      /herbivorous: adj.草食[性]の(cf. carnivorous)、植物食の、n.草食魚.
      /herbivorous fish: n.草食魚.
      /phytophagous: adj.[動]草食性の(herbivorous)、植物を食う.

    soushoubire相称鰭(そうしょうびれ):
    /homocercal: adj.[魚]相称(そうしょう)鰭(びれ)をもった(cf. heterocercal)/homocercal tail: 正尾.

    soushu漕手:
    /top: n.[海]中檣帆(topsail); [海][通例the ~s]檣楼(しょうろう)(→ roundtop)、トップ [継ぎ合わされた各マストの 上部に取り付けられた半円形の台; cross-tree上の半円形台]; 一番漕手; 先端; 頂上; [戦艦などの] 戦闘檣楼 [射撃管制所、高射砲操作台などがある]、最上・最高部、頂、頂上.
    /two: adj.2つの、n.[数の]2; [ボート漕手の] 2番.

    soushutsu[綱・索などの]走出:

      /check: vt.[海][張り索を]抑えて徐々に緩める(弛める)、少し緩める; [錨索などの]走出を止める、n.止めるもの(人); 留め具、留め綱、[釣][リールの]ラチェット[など]; 急止、阻止; 検査.
      /check stopper: n.動索の走出速度を調節するための綱.
      /to let out: [綱・手綱(たづな)をゆるめて]行かせる、延ばす; [釣り糸などを]繰り出す.
      /to let run: [綱などを]走出させる.

    soushutsuryou[海運]早出料: despatch money, dispatch money.

      /despatch half demurrage: 荷役日数節約半額割り戻し金 [用船契約において、荷役日数の節約日数に対する割り戻し比率を帯船料(demurrage) の半額とすると規定して、船主が用船者に支払う割り戻し金].
      /despatch money: 停泊日数節約割り戻し金、早出し料、早出料 [用船契約に規定された期間内に荷役が完了した時に、 船主が用船者に支払う停泊日数節約割り戻し金; net tonを基準にして日単位で規定された比率にて支払われる]、船積み(陸揚げ)割り戻し金、 値引き金[契約期間前に船積み(陸揚げ)を完了した場合、船主が傭船(ようせん)主に支払う].
      /to despatch, to dispatch: v.早荷役する、急送する.

    sousuisei[生]走水性(そうすいせい): hydrotaxis.

    soutai相対:

      /relative bearing: n.[航海]相対方位、関係方位.
      /relative current: n.相対流.
      /relative speed: n.相対速度.
      /relative wind: n.視風.

    sou-tantei-busho-hyou総短艇部署表: lifeboat station table.

    soutei艙底(そうてい):
    /bilge: [海]ビルジ、[船底の]湾曲部 [(a)船底と船側の間の湾曲部(bulge)、船底舷側部における湾曲部分; (b)船倉の最下部; [二重船底のある船体の]艙底(そうてい)].

    soutei漕艇: rowing; boating.

      /oarsmanship; boatmanship: 漕艇法.
      [関連語]男子シングルスカル/男子エイト/男子舵付きフォア.
      /boatmanship, boatsmanship: n.漕艇術(そうていじゅつ)、操艇術(そうていじゅつ); 舟を漕ぐ腕前(技量); ボートの 漕ぎ手気質(かたぎ).
      /oarsmanship: n.漕ぎ手の腕前; 漕艇術、漕艇法.

    soutei操艇: [参照]漕艇.

    sou-ton-suu総トン数: gross tonnage [略: GT].

      [参考]総トン数: 船舶の内部の総容積を表わす数量; 船舶トン数測度に関する法律で定められる、船舶の密閉 区域の容積トン数としてあらわされる; 船舶の総積量から二重底区画、上甲板上の操舵室などの 特定の場所を除いた積量を、立方メートルで計算する場合には 353/1,000m3 を1トンとしてそれで割った数値、 また立方フィートで計算する場合には 100ft3 を1トンとしてそれで割った数値で表わされる].
      /aggregate tonnage: [船腹の]総屯(トン)数、総トン数、総船腹; 総船数.
      /gross tonnage: n.[船]総トン数、総屯数[船において密閉された全内容積を1,000/353立法フィートを1トンとして算出 されたもの; 商船の大きさを表す標準となる].
      /tonnage: [一国の商船の]船腹、総トン数.
      ・ the total(aggregate) tonnage of the N.Y.K.'s fleet: 日本郵船の船団(船舶)総トン数.
      ・ to have a gross tonnage of 22,000 tons; to be 22,000 tons gross: 総トン数22,000トンある.
      /a steamer of 10,000 tons gross: 総トン数1万の船.

    sou-touroku-ton-suu[海]総登録トン数: gross registered tonnage [略: GRT].

    souun層雲: stratus [大気の下層に形成される、雲底がかなり一様に平らで、雲高の低い雲].

      /strato-: comb.form「層雲」、「成層圏」などの意.
      /stratocirrus: n.[気]高層雲と同層の巻層雲.
      /stratocumulus: n.[気]層積雲、くもり雲、うね雲 [暗色で大きな塊りが層状に集まる、または長いうねになって層状に集まる;  中層雲の一つ][略: Sc].
      /stratus: n.(pl. -ti)[気]層雲、霧雲 [下層雲の一つ; 霧のような雲で、雲底は地面についていない][略: S, St].
      /stratus fractus: n.(pl. -ti)[気]片層雲.

    souza双座:
    /double-banked: adj.[ボートが]双座の; 二人で漕ぐ<オール>、二列漕ぎの<ボート>、一つの漕ぎ座に二人が座り 2列になって片舷(かたげん)ずつオールを出して漕ぐようになった<ボート>; 二段式の<フリゲート>; 二甲板に砲がある<帆船軍艦>.
    /a double-banked boat: 双座艇.

    souzu総図(そうず):

      /General Bathymetric Chart of the Oceans: 大洋水深総図 [略称: GEBCO][「ゲブコ」または「ジェブコ」として親しまれてきた 国際水路機関の刊行物。第5版は縮尺1千万分の1、全18図(全世界を18図幅に分けて編集)からなる海の科学的総図で、 1975-82年に完成した。なお、第5版は1994年「GEBCOデジタルアトラス」として英国海洋データセンターからCD-ROMとして出版され、 1997年には改訂版が出版された].
      /general chart: n.総図 [長途の航海用の400万分の1より小縮尺の海図].
      /general chart of coast: 沿岸総図.


このページのトップに戻る/Back to the top of this page

海洋辞典
[ABC順]

英和和英

西和和西

仏和和仏

葡和和葡

海洋辞典
[分野別]